zenshinで“アメリカ”タグの付いているブログ記事

2010年5月 2日22:49

オバマの移民弾圧にロサンゼルス、シカゴで10万人のデモ

 5月1日、全米各地で大きなデモが行われた。特に、ロサンゼルス、シカゴではそれぞれ10万人が結集した。4月23日アリゾナ州で成立した移民弾圧法に対する怒りで、2006年以来の大デモになった。シカゴでは、メーデーの準備過程でもアリゾナの新州法反対の座り込み闘争が行われた。
 (写真はロサンゼルスのデモ。写真下では十字架の形をしたプラカードに「オバマよ、これ以上移民を殺すな、合法化せよ」のスローガンが掲げられている)

続きを読む ≫

2010年5月 1日01:02

米オークランド教組が全市でストライキ

 

 米カリフォルニア州オークランドで、4月29日、全市の学校が一日ストライキに突入した。早朝、5時半から組合員、保護者、生徒、地域住民が各学校前に結集し、6時~11時にピケットを張った。学区当局のスト破り導入策動にもかかわらず、全校が完全に停止した。昼は、市役所前、オガワプラザ(3月4日に全学連訪米団が参加した集会が行われた場所)でストライキ集会をした(写真)。そして2時から再び全校でピケットを張った。学区当局ビル前では全日ピケットが張られ、ビルは封鎖された。オークランド市全体が完全に学校ストで制圧されたのだ。

 

続きを読む ≫

2010年2月20日06:37

ロサンゼルス統一教組が2・9全市一斉行動

 2月9日、UTLA(ロサンゼルス統一教組)が全市9地域で「教育予算削減反対・全市一斉行動」に決起した。雨の中、3000人が集まり、デモ、ピケット、集会を行った。8月に教育委員会が決議した250校のチャータースクール(公設民営校)化=解雇・労組破壊攻撃に対して、生徒、保護者、地域の労働組合からも、UTLA組合員の闘いを支持する発言が相次いだ。集会では、昨年来日して11月集会に参加した西部地域議長のセシリー・マイアトクルスさんが、動労千葉と全国労組交流センター教育部会の連帯メッセージを力強く読み上げた(写真中央。右は、UTLAのダフィー委員長)

続きを読む ≫

2010年2月19日19:37

6学生逮捕を弾劾し、米の学生が日本領事館に抗議行動!

 昨年の11月集会に参加した、カリフォルニア大学バークレー校のSWAT(学生・労働者行動チーム)のクレア・キーティングさんらが、2月18日、法大正門前で逮捕された学生たちの即時釈放を求めてサンフランシスコの日本領事館に対する抗議・申し入れ行動を行った。
 3月4日の全カリフォルニア州での教育ゼネストの組織化のまっただなかで、カリフォルニア大学の学生と労働者は日本の法大闘争との団結を固めている。

続きを読む ≫

2010年2月19日19:12

米のアーリーンさんが6学生逮捕に抗議のアピール

 2月16日、米ロサンゼルスで学校の軍事化に反対して闘っているアーリーン・イノウエさんから、2・5法大弾圧への抗議と6学生の即時釈放を求める力強いアピールが発せられた。以下、紹介します。

続きを読む ≫

2010年1月27日10:21

アリゾナ州で1万人が移民の権利を要求してデモ

 1月16日、米アリゾナ州フェニックス市で、移民への抑圧に抗議する労働者市民の1万人デモが行われた(写真)。これはマリコパ郡保安官のジョー・アルパイオによる移民への差別主義的弾圧に抗議する闘いだった。この保安官は、2008年以降、主にラテン系住民地区に対する一斉捜索を大量の警官を動員し13回も行った極悪の差別主義者だ。彼は、逮捕したラテン系住民をアウトドア刑務所と呼ばれている劣悪な居住環境のテントに収容している。また収容者を別の場所に移動させる際に、護送車を使わず、囚人服を着せ、手錠をかけて町を歩かせるという信じられないことを強行したことで全米で大問題になった保安官だ(写真下)

続きを読む ≫

2009年9月25日16:46

カリフォルニア全州で大学スト突入

 カリフォルニア州全域の州立大学、公立大学で、AAUP(全米大学教授協会)、UPTE(大学専門職・技術職労組、1万2千人)、UCSA(カリフォルニア大学学生協会、20万人)が一斉に授業放棄・ストライキに突入した。
 「トップからカットしろ。ユードフ総長の首を切れ」「カリフォルニア大学の民営化反対」などのプラカードを掲げて、教授・講師、大学スタッフ、学生が各キャンパスで統一集会を開いた。(写真はカリフォルニア大学バークレー校)

続きを読む ≫

2009年9月19日19:50

米カリフォルニア州で全大学が一斉授業放棄へ

 全米最大の州カリフォルニアで9月24日、州立大学が一斉授業放棄に突入する。州の教育予算カット、解雇・強制休暇(賃金カット)、学費値上げに対する実力反撃だ。これまでは、州都サクラメントでの全州結集デモや各大学での抗議行動はあったが、全州一斉に大学で大規模な実力行動をするのは初めてだ。参加するのは、カリフォルニア大学(ロサンゼルス校、バークレー校など多数のキャンパスをもつ)や他のいくつかのカリフォルニア州立大学である。

続きを読む ≫

2009年7月31日09:37

サンヨン労働者に連帯しサンフランシスコで抗議行動

 7月30日に韓国のインターネットメディア『チャムセサン』が「サンヨン車スト労働者弾圧に国際抗議続く/米、運輸労働者連帯委員会、韓国領事館前で抗議集会」のタイトルで、アメリカ・サンフランシスコでスティーブ・ゼルツァーさんたち運輸労働者連帯委員会(TWSC)が7月28日に取り組んだ韓国領事館抗議行動を写真入りで報道した。同時に「日本からも連帯メッセージが到着した」として動労千葉の連帯メッセージも全文掲載され、

続きを読む ≫

2009年6月13日11:53

ロスで教師の首切り抗議のハンガーストライキ

 ロサンゼルス統一学区で、教師の首切り計画とクラスの定員増加に抗議する教師たちのハンガーストライキが闘われている。テントを張って闘う教師たちのハンストは、6月9日の段階で、すでに14日目に入っている。2人が14日間のハンストを行い、他のハンスト参加者は短期間のハンストを行った。

続きを読む ≫

2009年5月24日22:43

ロサンゼルスの高校生が授業放棄の戦闘的なデモと集会

 5月15日にロサンゼルス統一教組(UTLA)が教育予算カット・大量解雇反対で構えたストライキに対して、裁判所のスト禁止仮処分命令が出され、これを受けてUTLAが抗議の学校前ピケットと実力座り込み闘争を貫徹したことは、すでにこの速報版でも報道した。この中できわめて注目すべき新たな闘いが大爆発した。ロサンゼルス全域の高校で、高校生たちが「先生を守れ!」の戦闘的な集会・デモに打って出たのである。

続きを読む ≫

2009年5月18日23:56

米CAMSの学生が法大闘争に熱い連帯のメッセージ

 5月16日、米CAMS(校内における軍国主義に反対する連合)の会議が開催され、そこでアーリーン・イノウエさんの問題提起により法大弾圧について討議された。そして、参加していた学生が手書きの檄文を書いてくれた。アーリーンさんがその檄文とそれに添えて一筆して送ってくれたので、紹介します。また、同じCAMSのグレゴリー・ソティアさんがそのときの写真を送ってくれたので合わせて掲載します。法大弾圧に対するアメリカでの連帯行動は急速に広がっている。

続きを読む ≫

2009年5月17日00:15

ロサンゼルス統一教組、解雇阻止の実力闘争

 UTLA(ロサンゼルス統一教組)は5月15日、全学校でのピケット闘争とロサンゼルス統一学区当局前での抗議集会、道路座り込み闘争に決起した。座り込みによって、当局本部ビル前の道路は封鎖され、ダフィーUTLA委員長、ペシュトールト副委員長ら46人が警察機動隊に逮捕された。カリフォルニア州の財政破綻・教育予算削減を理由に学区当局・教育委員会が約4000人の教師・学校スタッフの解雇計画を策定した。これに対してUTLAは、4月末のスト権投票の結果、圧倒的多数で5月15日にストライキを行うことを決定していた。20年ぶりの全日ストライキだ。

続きを読む ≫

2009年5月 6日16:44

ロサンゼルスで移民労働者先頭に6万人がメーデー・デモ

 「われわれの欲しいもの、それは適法化だ」「いつそれが欲しいか、今すぐだ」。これが今年のロサンゼルス・メーデーのスローガンだった。アメリカでは5月1日に主要大都市で、数十万人の労働者がメーデーのデモに立ち上がった。ロサンゼルスのデモはそのうち最大のデモとなった(写真)。今年のロサンゼルスのデモは、オバマ政権の下でこれまで以上に強化されている移民労働者取締りに抗議し、労働者としての権利を要求する闘いとして爆発した。

続きを読む ≫

2009年4月25日17:35

米バーモント大学で学生が予算カットに反対して授業放棄

 4月9日、アメリカ北東部・バーモント州のバーモント大学で近年まれに見る大きな闘いが爆発した。1000人の学生が授業を放棄し、集会・デモと学長抗議行動を行ったのである。提案された予算削減案によれば、107人の講師・スタッフが雇い止めにされ解雇される。1クラス当たり学生数が増やされ、しかも学費が値上げされる。他方、フォーゲル学長を始め幹部たちはウォール街の連中のような多額の給料とボーナスを受け取っている。学生たちは集会後、管理棟に入り、副学長に要求を突きつけた。

続きを読む ≫

2009年3月 9日23:23

州・市の予算削減に反対しニューヨークで7万5千人のデモ

 3月5日、アメリカ最大の都市・ニューヨークの市職員・医療福祉労働者・大学職員・学生など7万5000人が、民主党のパターソン州知事と共和党のブルームバーグ市長の予算削減案に反対してブロードウェーの目抜き通りをデモ行進した。このデモは、AFSCME・DC37(アメリカ州・郡・市職員連盟第37地区協議会)、UFT(ニューヨーク市統一教員組合)、ニューヨーク市労組評議会などが呼びかけたものだが、予想をはるかに超える人々がデモに参加した。デモに参加した7万5000人の労働者

続きを読む ≫

2009年2月 7日17:43

ロサンゼルスで教育労働者の解雇に反対し1万5千人がデモ

 1月29日、アメリカのロサンゼルスで学校リストラ反対のデモが1万5千人で行われた。UTLA(ロサンゼルス統一教組)が呼びかけ、他の労組や生徒、保護者も多数参加した。
 同市の州庁舎前では、UTLAのジュリー・ワシントン副委員長が「銀行は何十億㌦単位の金で救済だ。労働者は百万人単位の首切りだ」「彼らは『削減』と言う。われわれは『反撃』だ」「反撃だ、反撃だ」とコールを行った。

続きを読む ≫

2009年1月15日14:56

米サンフランシスコのガザ侵略抗議デモのビデオ

 1月10日に行われたイスラエルのガザ攻撃を弾劾し、パレスチナに自由を要求する米サンフランシスコの集会、デモのビデオがYouTubeにアップされた。集会ではILWUローカル10執行委員のジャック・ヘイマンさん、また根津さん、河原井さんの処分に反対してサンフランシスコの日本領事館前で抗議行動をしたオークランド教組のボブ・マンデル執行委員、反戦の母シンディ・シーハンさん、スティーブ・ゼルツアーさんらが発言した。
このビデオへのアドレスは http://jp.youtube.com/watch?v=nEB2aY0ByQM&feature= です。
発言要旨は続きへ

続きを読む ≫

2008年12月12日04:02

シカゴで1930年代以来の工場占拠闘争が闘われる

 12月5日、米イリノイ州シカゴで窓枠・ドア製造会社、リパブリック・ウィンドウズ&ドアズの労働者250人が工場を占拠した。2日前、会社が突然、労働者に工場閉鎖を言い渡した。工場閉鎖自体が不当だ。つい先日まで会社は経営は順調だと語っていたのだ。そのうえ、工場閉鎖の際には60日前に予告するという法律上の義務を果たしていない。「設備を押さえろ。工場に座り込み占拠しよう!」。工場が閉鎖される当日、占拠闘争が始まった。(写真は工場内に座り込む労働者。クリックすれば拡大します)

続きを読む ≫

2008年12月 3日01:48

米ボーイングの労働者が57日間の戦闘的ストを貫徹

 すでにこの速報版で報道したように、アメリカの航空宇宙・軍事企業のボーイングで9月初めから2か月近くにわたるストが闘われた(写真はスト突入第一日目)。この闘いは、10月28日になって妥結案の合意を見、11月2日までに批准投票が行われ、74%の多数で受諾が決定された。ボーイング労働者の闘いは所期の目標をすべてかちとったわけではないが、企業と政府、そして体制内指導部に、労働者がいったん決起したときの階級的実力のすごさを思い知らせた。

続きを読む ≫
Previous Next Move Close