zenshinで“ブラジル”タグの付いているブログ記事

2010年6月 6日10:08

コンルータス大会2日目、動労千葉の提出した動議を採択!

 現地時間6月4日、コンルータス大会2日目が昨日に引き続き開催され、大会に提出された様々な動議の採択が行われた。動労千葉が提出した「新自由主義と対決し、国鉄1047名解雇撤回、民営化・外注化反対して闘おう」と11月集会への結集をよびかけた動議も採択された! 午前、午後の合間に行われた分科会では、動労千葉はコンルータスの最大党派であるPSTU(統一社会主義労働者党)からロングインタビューを受けた。さらに全学連もサンパウロ大学占拠闘争を闘った学生と交流。動労千葉・全学連への注目度はものすごく高い。「動労千葉の発言の原稿はないか」などと、3日の発言を聞いて言い寄ってくる人もいる。

続きを読む ≫

2010年6月 5日01:59

コンルータス全国大会で動労千葉が渾身のアピール!

 動労千葉と全学連がついに南米大陸に上陸! ブラジルをはじめ全世界の労働者・学生と圧倒的な交流をかちとっている。現地時間6月3日、コンルータス全国大会が始まった。2000人の代議員が結集する中、動労千葉の照岡清一いすみ支部長が本部を代表して渾身のアピールを行った! 照岡支部長は、「6月13日には、新自由主義攻撃と闘う新たな全国運動をスタートする」「われわれは5波のストライキで外注化を阻止した。団結した労働者の闘いこそが社会を変革し歴史をつくる力だ! 全世界の労働者の国境を越えた団結が必要だ。ブラジルの同志のみなさん! 心はひとつだ」と11月労働者集会を断固よびかけた。

続きを読む ≫

2010年2月19日19:22

コンルータスが6学生逮捕に弾劾声明

 2月19日、ブラジルの戦闘的・階級的労働運動のナショナルセンター、コンルータス(全国闘争連盟)は、2月5日の法政大学正門前での6学生逮捕に対して、弾劾声明を出した。コンルータスは、ブラジルでルラ政権と正面から闘っている。ルラは戦闘的労働運動の出身でありながら体制内化し、政権中枢に金融資本の代表をすえて、以前の保守党政権以上に凶暴に新自由主義を推進している。ブラジル最大の大学であるサンパウロ大学では、2006年から軍隊の常駐、情宣禁止、監視カメラの大量設置が始まった。かつての軍事政権下でさえやらなかった規模の露骨な言論弾圧だ。コンルータスに結集する学生たちは実力でその弾圧と闘っている。法大の闘いは、ブラジルの闘いとそっくり同じなのだ。

続きを読む ≫
Previous Next Move Close