zenshinで“国鉄闘争”タグの付いているブログ記事

2010年6月 5日00:03

鳩山に続き菅政権も打倒を! 杉並で国鉄キャラバン

s20100605a-1.jpg 国鉄キャラバンは6月4日、杉並に登場した。杉並区役所前を皮切りに高円寺駅前(写真上)、阿佐ヶ谷駅前(写真下)で街頭宣伝を行った。杉並区議会議員の北島邦彦さんを先頭に、闘う地区の労働者が決起した。北島さんは「鳩山政権を打倒したのはわれわれ労働者の怒りだ。この怒りを6・13大集会に結集させて1047名の解雇を撤回させ、闘う労働組合をあらゆる職場によみがえらせよう!」と力強く訴えた。地区の労働者も次々にマイクを握り、「民主党政権は、看板を変えるだけで、結局は沖縄に基地を作り、首切り・民営化の道州制を強行しようとしている」「労働者の賃金を削り、首を切ってボロ儲けしている資本家なんか絶対許せない!」と口々に訴えた。

続きを読む ≫

2010年6月 4日02:33

労働者のアジテーションで錦糸町街宣

 6月3日夕方、国鉄キャラバンは東京・東部地区のJR錦糸町駅前で街頭宣伝を行った。仕事を終えた地区の労働者が次々と合流し、15人という今回のキャラバンでは最多の結集での宣伝だ。(動画あり)

続きを読む ≫

2009年12月16日20:48

国鉄決戦の正念場突入へ、北九州で集会

 12月13日、「国労5・27弾圧を許さない基金の会・北九州」の主催による「国鉄1047名解雇撤回、国鉄闘争勝利、5・27弾圧粉砕、派遣法撤廃、道州制を許すな、12・13北九州労働者集会」が北九州市で開催されました。集会では、暴処法の適用も「共謀」の認定も粉砕し、「首謀者」とされた向山被告は無罪という画歴史的勝利であった11・27東京地裁判決の意義を全員でしっかりと確認し、5・27弾圧を完全粉砕し、国鉄決戦の正念場に突入する決意を固めました。

続きを読む ≫

2009年12月 4日17:39

12・3JR西本社包囲闘争に決起、JR体制打倒へ火ぶた切る

 12月3日、関西、中国・四国、東海の労働者・学生130人がJR西日本本社包囲闘争に決起した。国労5・27臨大闘争弾圧裁判の11・27判決の勝利の地平を受け、国鉄1047名闘争勝利、JR東日本の検修全面外注化絶対阻止、JR体制打倒の5カ月間決戦の火ぶたを切った。包囲行動に先立ち、5・27弾圧被告団を先頭にJR西日本本社とJR貨物に申し入れ行動を行った(写真)。「有罪=即解雇」を粉砕されたJR西日本は門を固く閉ざして、申し入れを一切拒否。貝のように閉じこもることしかできなかった。

続きを読む ≫

2009年10月26日22:17

団結祭りで11・1大結集を呼びかける圧倒的な宣伝戦

 10月25日朝、10・16JR東日本本社緊急抗議行動を動労千葉・動労水戸・動労連帯高崎とともに闘い抜いた国労共闘、東京労組交流センターの仲間は、団結祭り会場の木場公園に登場。終日、11・1への総決起を訴える圧倒的な宣伝戦を貫徹した。小雨にもかかわらず、会場のメイン入り口前では随所で討論の輪が広がり、終了の午後3時までに、150筆をこえる署名と、40枚ものチケットが販売された。

続きを読む ≫

2009年9月 3日00:38

8・31関西国鉄集会1047解雇撤回掲げ140人が結集

 8月31日18時30分から東淀川人権文化センターで、「5・27国労臨大闘争弾圧粉砕!1047名解雇撤回!関西国鉄集会」が5・27国労臨大闘争被告団、関西労組交流センターの主催で開催され、労働者学生140人の結集で闘いとりました。この集会で、8月30日総選挙による自民党崩壊、民主党・連合政権の成立という歴史的事態に、国鉄1047名解雇撤回闘争を基軸に11月1万人決起をつくりだすことを圧倒的に確認しました。

続きを読む ≫

2009年8月23日12:03

国労共闘が1047名闘争の責任勢力として国労大会に登場

 国労共闘と静岡労組交流センター、神奈川労組交流センターは、8月21、22日に行われた国労第77回全国大会(静岡県伊東市)をめぐる攻防を勝利的に貫徹した。自民党支配が崩壊し、その自民党に「不採用問題の政治解決」を哀願する4者4団体路線の破産は明白になった。これに対し、国労共闘や労組交流センターは、1047名解雇撤回、国鉄分割・民営化絶対反対の旗を高々と掲げ、国鉄1047名に責任をとる勢力として鮮やかに登場した。大会攻防は、動労水戸の第2波拠点ストと連帯してかちとられ、11・1労働者集会1万人結集に向けての跳躍台を築くものとなった。

続きを読む ≫

2009年5月26日15:08

国労秋田闘争団とともに闘う集いが大成功!

 5月24日、北九州市の国鉄集会と連帯し、秋田市で国労秋田闘争団と共に闘う集いが県内外からの結集で大成功を勝ちとった。集いはまず第一部で「国労秋田闘争団と共に闘う会」の結成会を行った。冒頭に呼びかけ人を代表して秋田市議のAさんが挨拶し、「目指すのは完全なる勝利です」と解雇撤回闘争を最後まで物心両面で支えぬこうと呼びかけ、共同代表や事務局を選出し、拍手で承認された。秋田の労働者は全国の仲間と連帯し、国鉄闘争勝利に向けた新たな挑戦へのスタートを切った。

続きを読む ≫

2009年5月25日14:47

北九州で羽広さん先頭に国鉄集会が大成功!

5月24日、北九州・小倉の「ムーブ」で開催された国労小倉地区闘争団NIPPO事業部主催の北九州労働者集会が大成功した。
 この集会は、8労組・25個人が賛同し、この日、秋田で行われる国鉄集会と一体の国鉄1047名闘争勝利、国労5・27臨大闘争弾圧粉砕の九州集会として行われ、同時に労働者の街・北九州市の首切り・賃下げ、民営化・道州制をぶっ飛ばす闘う労働運動の本格形成をめざす画期的集会となった。

続きを読む ≫

2008年12月18日01:36

国鉄1047名闘争勝利集会、500人こえる大結集 12月14日

 12月14日、東京・錦糸町のすみだ産業会館で開催された「国鉄1047名解雇撤回、5・27臨大闘争弾圧粉砕、生きさせろ!09春闘ゼネストヘ 国鉄闘争勝利集会」は、全国から500人を超える大結集で、09春闘ゼネスト決起へ突き進む圧倒的成功を闘いとった。この日、すみだ産業会館は開場前から結集した人の熱気であふれた。それは11・2集会を引き継ぎ、国鉄闘争の真の勝利の展望を全面的に明らかにする集会への関心の高さを示し、国鉄千葉動力車労働組合と国労5・27臨大闘争弾圧被告団の呼びかけによるこの集会への期待の大きさをはっきりと示すものだった。

続きを読む ≫

2008年10月22日02:29

動労千葉が4者・4団体弾劾の声明

 動労千葉は、「日刊動労千葉」6711号で、4者・4団体が1047名団結まつりから動労千葉を排除したことへの弾劾声明を発した。団結まつりの事務局は動労千葉争議団に対し、「4者・4団体の運動に賛同できない者の参加は認めない」と通告してきたのだ。1047闘争団・争議団は、国労・建交労、動労千葉の三つの労組で構成されている。その三者が立場や意見の違いをこえて、1047名の団結をかちとる場として開催されてきたのが団結まつりだ。その当該である動労千葉を排除し、自ら団結を破壊するなど許されない。ここに4者・4団体の本質がある。この卑劣な策動を粉砕し、1047名解雇撤回闘争の勝利をかけて、11・2労働者集会への大結集をかちとろう。
声明全文は、動労千葉ホームページへ http://www.doro-chiba.org/

2008年7月30日18:27

国労5.27臨大闘争弾圧裁判勝利!秋田集会を開催

 7月19日、秋田市内において5.27被告団・副団長の橘日出夫さんを迎えて「国労5.27臨大闘争弾圧に勝利しよう!1047名の解雇撤回!」と題する労働者集会を開催しました。会場には許さない会・秋田の会員を始め14名が集まりました。司会は「許さない会・秋田」の代表であり、国労秋田闘争団の小玉さんが務め、始めに4.26JR尼崎事故弾劾!現地闘争のDVDを上映しました。上映後、「このDVDが欲しい」という会員が現れて関心の大きさを示しました。その後、橘さんから①なぜ旧弁護団を解任することになったのか、②なぜ弁論分離に至ったのか、③新たな裁判闘争を闘うにあたって等、遠距離通勤を強いる会社との闘いや職場闘争の現状が報告され、大きな感動を呼びおこしました。活発な質疑が交わされ、最後に「7被告を支持し、勝利まで共に闘う決議」を満場一致で採択し、全員の団結ガンバロ-の唱和で締めくくりました。秋田でも7被告の新たな闘いと固く団結して、1047名の解雇撤回・第2次国鉄決戦の火ぶたを切りたいと思います。
 

2008年7月25日18:26

7・20山陰労働者交流会を開催!

 7月20日、松江市内において「団結!団結!団結!7・20山陰労働者交流会」が10人の結集で開催されました。冒頭、「6・29サミット粉砕渋谷デモ」「4・26尼崎集会」「5・1アメリカILWUメーデースト」のDVDが上映され、08年前半の闘いの地平を映像で確認しあいました。
 司会を国労米子の鷲見貢さんが務め、交流会がはじまりました。
第1部は、「第2次国鉄決戦勝利!国労5・27裁判の新たな出発にあたって」と題して、国労5・27被告団長の富田益行さんからの提起がおこなわれました。

続きを読む ≫

2008年7月24日13:55

第2次国鉄決戦勝利へ、許さない会岡山交流会

 7月21日、国労5.27臨大闘争弾圧被告団長の富田益行さんを迎えて、岡山市内で5・27弾圧を許さない会岡山交流会を開催しました。会場には許さない会岡山の会員をはじめとして、20名が集まりました。
 まず初めに、4.26尼崎労働者総決起集会のビデオを上映しました。この闘争は動労千葉が呼びかけ、5.27被告団が先頭で牽引することによって、勝利した闘いです。続いて富田さんから旧弁護団解任問題、弁論分離問題、そして新たな裁判闘争方針について提起され、その中で、「9.15判決」に対する捉え方、4者4団体路線との対決の問題が旧弁護団・松崎被告の脱落の根底にあることが明らかになりました。

続きを読む ≫

2008年7月18日14:10

名古屋で国鉄1047名闘争勝利へ労働者討論集会

 「国鉄1047名闘争勝利!安全問題と労働組合」を掲げた「7・13労働組合討論集会」が名古屋の工場地帯・堀田で動労千葉とス労自主の共催で行われました。
 最初にス労自主の入江委員長が「1047名闘争に勝利するために6月から始まった各地域集会の一環として名古屋集会を設定しました。十一月全国集会に向けた取り組みでもあります」とあいさつ。メイン企画?として、動労千葉の関執行委員の「幕張事故闘争の教訓」は圧巻でした。06年4月に起きた幕張事故で最も危険な構内にATS設置を怠った当局の責任を追及し、ストライキを構えて当該運転士の解雇攻撃をはね返した動労千葉の安全運転闘争の勝利として総括しました。こうした一人のために全員がストを構える動労千葉の闘いに感動して木更津支部で新たに組織拡大が行われたことも報告され大きな拍手が沸きました。

続きを読む ≫

2008年7月 6日08:56

サミット粉砕・国鉄闘争勝利! 広島で労働者集会

 7月2日、国労5・27臨大闘争弾圧被告団長の富田益行さんを講師に迎え、広島で労働者集会が行われた。富田被告団長は、6・29サミット粉砕の渋谷実力デモの圧倒的勝利こそ、階級的団結の底力を発揮したものだと謳歌した上で、5・27被告団の闘いの地平と方針を提起した。国労や4大産別の仲間をはじめ、参加労組から連帯の決意が述べられた。6・29渋谷デモの「武勇伝」が次々に飛び出し、集会は最高潮となった。緊急アピールに立った広大生が大きな拍手で迎えられ、5・29法大?6・29渋谷で二度も不当逮捕されて闘っている学生にその場で檄布がおくられた。

続きを読む ≫
Previous Next Move Close