zenshinで“解雇撤回”タグの付いているブログ記事

2010年6月 5日20:58

秋葉原街宣大成功! 国鉄労働者が次々と署名

6月5日、JR秋葉原駅前で統一街宣が行われた。「菅は沖縄に新基地を作ることを宣言し、消費税も増税しようとしている。鳩山よりもっと悪い。解雇撤回の新たな全国運動で菅政権もぶっ飛ばそう!」と訴えると、どんどんビラが受け取られ、次々と人が署名に立ち止まった。(動画あり)

続きを読む ≫

2010年6月 4日02:33

労働者のアジテーションで錦糸町街宣

 6月3日夕方、国鉄キャラバンは東京・東部地区のJR錦糸町駅前で街頭宣伝を行った。仕事を終えた地区の労働者が次々と合流し、15人という今回のキャラバンでは最多の結集での宣伝だ。(動画あり)

続きを読む ≫

2010年3月15日03:34

東北石けん労組、地労委で金銭和解策動を完全粉砕

 3月12日、東北石けん労働組合は、地労委への1日行動に起ち上がった。解雇から1年、怒りも新たに朝の仙台市役所前街頭宣伝、名取市愛島台に移動しての新工場門前闘争を断固打ち抜き、午後からの地労委の和解協議に臨んだ。この間の審問で、新工場のオーナーである畑惣商店・畑文雄と、東北石けん佐藤工場・佐藤吉範の不当労働行為を完膚なきまでに暴き出してきた。解雇攻撃と新工場建設の全過程が完全な不当労働行為だ。組合排除の一点で、佐藤と畑は、白々しくもお互いに別会社で解雇の責任はないというふざけきった態度に終始してきた。地労委での結論は、「解雇撤回・原職復帰(新工場での就労)」以外にあり得ない!

続きを読む ≫

2010年2月28日23:35

社保労組解散大会に徹底弾劾の嵐たたきつける!

 2月27日、全国労組交流センター自治体労働者部会と茨城県労組交流センターを中心とする闘う労働者50人は、自治労社会保険職員労組解散大会弾劾行動に立った。被解雇者を排除して新労組を結成し、元の労組の解散大会を開き、解雇撤回闘争への取り組みを放棄する――このような労組としてあるまじき暴挙を許してはならない。解散大会は無効だ。決起した仲間は怒りに燃え、「社保労組解散絶対反対! JR全面外注化阻止・1047名解雇撤回! 社保525人解雇撤回! 道州制・民営化=公務員360万人首切り阻止! 自治労本部打倒・民主党連合政権打倒!」を掲げて国際会議場の前に登場した。

続きを読む ≫

2010年2月28日15:36

東北石けん労組、解雇1周年弾劾行動打ち抜く!

 2月26日、東北石けん労働組合は、昨年2月末の全員解雇から1年、解雇撤回闘争を貫く意志を固めて地域の仲間と共に1日行動を打ち抜いた。
 朝8時より仙台市役所前にて、仙台市職労の仲間も参加して街頭宣伝。解雇1周年を弾劾し、畑惣商店・畑と東北石けん・佐藤を打倒する怒りのビラが次々と出勤してくる労働者に手渡された。この日初登場した大きな横断幕を、通り過ぎる労働者市民が食い入るように眺めていく。福島の仲間も合流して仙台市内中心部を労働者の怒りの声が制圧した。その後、場所を名取市愛島台に移して新工場門前闘争が闘われた。

続きを読む ≫

2010年2月24日11:28

動労西日本・山田副委員長が解雇撤回へ渾身の訴え!

 動労西日本の山田和宏副委員長は、自身にかけられた雇い止め解雇通告を激しい怒りをもって弾劾し、解雇撤回・契約社員制度撤廃へ、全労働者、とりわけ青年労働者の総決起を呼びかける訴えを発しました。以下紹介します。(写真はJR岡山駅前で訴える山田副委員長)
 【山田副委員長の訴え】
 解雇通告を許さないぞ!紙切れ1枚で、しかも理由も明確に出さずに首を切る。これは、国鉄分割民営化のときと全く同じじゃないか。JR西日本岡山支社がいうには、「勤務状況を勘案して」とのことだが、これだけでは全く理由になっていない。具体的にどういった理由で解雇なのか、明言を避けている。

続きを読む ≫

2010年2月24日11:20

動労西日本・山田副委員長への解雇弾劾! 岡山で緊急行動

 2月21日、動労西日本と岡山労組交流センターを始めとする支援の仲間30人は、動労西日本・山田和広副委員長への雇い止め解雇を弾劾し、JR西日本岡山支社包囲デモに決起した。デモの先頭には、19日に解雇通告を受けて怒りに燃えた山田副委員長、大江照己・動労西日本委員長、急を聞いて関西から駆けつけた富田益行5・27被告団長と国労共闘の仲間が立った。デモに先だって行われた岡山駅前でのリレートークとビラ配布では、雇い止め解雇弾劾のビラ=「動労西日本9」が多くの労働者、とりわけ青年労働者の注目を集めた。街頭でも青年労働者を使い捨てにして未来を奪うJR資本への怒りが渦巻いた。

続きを読む ≫

2010年2月 1日09:36

広島・草津病院で解雇撤回のストライキに決起!

 広島連帯ユニオン草津病院支部は、本年1月末で定年を迎える組合員への再雇用拒否=解雇攻撃に対して、1月30日、解雇撤回・再雇用を求めて職場でストライキを貫徹した。草津病院の定年再雇用制度は、長年勤めてきた職場の熟練労働者を低賃金・非正規雇用化する攻撃であり、今回の解雇攻撃は、何よりも組合員を職場から排除する組合潰しの攻撃だ。絶対に許せない。病院に逆らう者、病院が「役に立たない」と判断した者、何よりも闘う組合員を職場から排除していく攻撃であり、現代のレッドパージそのものだ!

続きを読む ≫

2010年1月13日09:03

東北石けん労組が解雇撤回へ全一日行動

 1月12日、東北石けん労働組合は、2010年決戦の火ぶたを切って落とす全一日行動に起ち上がりました。 今日は、解雇の張本人である東北石けん佐藤工場・佐藤吉範、畑惣商店・畑文雄を地労委の証人尋問に引きずり出す決戦の日です。午前8時、仙台市役所前(地労委のある宮城県庁直近)での圧倒的な街頭宣伝には福島からも闘う仲間が年休を取って駆けつけ、総勢30人。青年の作った感性の爆発するビラ(写真)1000枚が出勤する労働者に次々と渡されました。受け取りは上々、ものすごい注目です。みんな解雇の渦巻くこの社会に心から怒っています!

続きを読む ≫

2010年1月 5日22:16

平口さんが広島・福山社保事務所に就労闘争

 1月4日朝、広島・福山社保事務所で「仕事始め」の就労闘争が闘われました。年金機構労組幹部の裏切りによって、再雇用された労働者が協約もないまま、早出残業を強いられるという事態に対する現場労働者の怒りが渦巻く中で、平口さんが断固として「分限免職=解雇撤回!」を訴えてビラ配り、マイク宣伝に起ち上がりました。年末まで「社会保険庁」になっていた看板は「年金機構」の看板に掛け替えられていました。本当に怒りに耐えません。

続きを読む ≫

2010年1月 5日21:37

都内で社保闘争勝利総決起集会開く

 1月4日、東京・中央区の京橋区民館で社保闘争勝利総決起集会が開かれ、60人が結集した。当日早朝から年金機構本部や厚生労働省、全国の年金事務所などで闘われた全国一斉の社保闘争を踏まえ、全国労組交流センター自治体労働者部会代表の江戸川区職労・佐藤賢一さんが基調報告。社保労働者525人の分限免職者の当該である全国社保労組広島支部福山分会の平口雅明さんが特別報告を行い、国労共闘の吉野元久代表の国鉄決戦アピールなどが行われた。

続きを読む ≫

2010年1月 5日13:07

1・4年金機構発足に、平口さん先頭に怒りの総決起!

 「長妻大臣は525人への分限免職=不当解雇を撤回し、希望者全員を日本年金機構の正規職員として採用しろ!」――1月1日朝、全国労組交流センター自治体労働者部会を始めとする闘う労働者は、525人の解雇撤回を求めて全国の年金事務所へのビラ配布、アジテーションの闘いに総決起した。分限免職525人の当該・平口雅明さんは「解雇されなければならない正当な理由など何もない」として広島県の福山年金事務所に対する就労闘争に立ち上がった。東京では、朝7時から9時まで杉並区の日本年金機構本部前(写真)で、昼は霞が関の厚生労働省前で、それぞれ20人を超える闘う労働者が750枚のビラを配布し、アジテーションで席巻した。

続きを読む ≫

2009年12月29日10:30

社保庁500人の分限免職に平口さんが怒りの決起!

 官公庁の“仕事納め”の12月28日、社会保険庁の500人の労働者に「平成21年12月31日限りで国家公務員法第78条第4号により免職する」との『人事異動通知書』が渡され、分限免職が強行された! 当該の一人、広島県・福山社会保険事務所の平口雅明さんは、11・1労働者集会での決意も新たに、職場の前に敢然と登場して、出勤してくる働く仲間に、「共に闘おう!」と呼びかけて『社保庁ニュース』号外ビラを配布した。

続きを読む ≫

2009年12月 2日00:26

東北石けん労組が解雇撤回へ全一日行動

 12月1日、東北石けん労働組合と地域の仲間は、解雇撤回に向けた全一日行動をやり抜いた。当該と支援、20名の仲間が年休を取って早朝8時前に名取市愛島台の新工場門前に登場した。午後1時からは地労委での審問の第2回が開かれる。解雇撤回に向けて、資本を圧倒する気概で門前闘争が開始された。
 冒頭、5・27国労臨大闘争弾圧裁判で暴処法を打ち砕く大勝利が勝ち取られたことを受けて、全員が、第2次国鉄決戦に勝利し新自由主義攻撃を打ち砕く新たな決意に燃えて、嵐のようなシュプレヒコールを叩きつけた。

続きを読む ≫

2009年10月28日21:22

東北石けん労組、地労委全1日行動ぶち抜く!11・1集会へ号砲!

 10月28日、東北石けん労組は、朝の愛島台門前闘争から午後の地労委第一回審問と、全一日行動を打ち抜いた。資本は労組の追及に震え上がり、門前、地労委審問廷を労働者の怒りが制圧する大勝利を勝ち取った。
 朝8時、労組と地域の支援労働者20名が愛島台新工場門前に登場。福島からも仲間が年休を取って駆けつけた。会社は直ちにブラインド、シャッターを閉め切る狼狽(ろうばい)ぶりだ。頼みの警察権力も遙(はる)か彼方から様子をうかがうのみという無様な対応。今日は、ついに地労委で審問が開始される決定的な闘いの日だ。当該、支援は今日一日の行動で会社を圧倒する気概に燃えて門前を制圧した。

続きを読む ≫

2009年10月 1日14:43

広島連帯ユニオンNTT関連支部I君がストライキ

 広島におけるNTT資本による派遣切り解雇攻撃に対し、9月30日、広島連帯ユニオンNTT関連支部に所属するI君がストライキに決起した。連帯ユニオンの組合員をはじめ40人の仲間が支援にかけつけ、職場前スト集会とデモをやりぬいた。9・30NTT派遣切り粉砕ストライキとデモは10・1の動労千葉ストと連帯し、11月1万決起の号砲となるたたかいとしてたたかいぬかれた。

続きを読む ≫

2009年9月22日17:47

9・20道州制粉砕!解雇撤回!非正規雇用撤廃!全関西集会が大成功

 9月20日、大阪浪速人権文化センターに、関西合同労組4支部委員長、ス労自主大阪支部連合会委員長、京都ユニオン自立委員長、大阪北部ユニオン委員長の呼びかけに応えて、関西の一般・合同労組組合員が総結集しました。4大産別からも国労、自治労、郵政の仲間が駆けつけ、道州制粉砕!解雇撤回!非正規雇用撤廃!をスローガンに、11月労働者集会一万人決起に向けて一丸となって総力決起する体制をつくりあげました。

続きを読む ≫

2009年9月21日10:49

東北石けん労組、門前闘争で10-11月決戦を宣言

 9月18日、東北石けん労働組合は愛島台門前闘争に決起した。労組は、10-11月決戦突入を宣言し、10月28日の地労委闘争から11・1集会1万人結集の先頭で闘う決意を、資本・権力に対して叩きつけた。
 東北石けん労組と支援の労働者は、早朝から名取市愛島台新工場門前に登場した。会社は直ちにブラインドを閉め切り、労働者の怒りに震え上がった。「直ちに解雇を撤回しろ!」、「地労委審問で、すべての不当労働行為を暴き出すぞ!」、「俺たちを職場に戻せ!」、烈々たるシュプレヒコールが響き渡る。

続きを読む ≫

2009年9月 2日16:10

「解雇撤回!」「民主労組死守!」さらなる闘志で闘う双龍支部

 双龍自動車労働者の77日間に及ぶ工場占拠ストは、8月6日、労使合意により一旦終結したが、会社側は早くも、労組側が大きく譲歩した合意事項さえ踏みにじり、攻撃を激化させている。100億ウォンの損害賠償請求、スト参加組合員に対する会社と労組事務所への立ち入り禁止および無期限待機発令、「救社隊」社員による民主労総脱退の動きなど、むき出しの労組破壊攻撃だ。

続きを読む ≫

2009年7月21日00:48

全社連労組、東京でストライキ行動

 大阪の福島・長堀の健康管理センターで組合員を全員解雇した全社連(全国社会保険協会連合会)は、7月に入って「解雇を撤回するつもりはないので、団体交渉には応じない」なる文書を送りつけてきた。全社連労組はただちに怒りの決起を開始した。7月10日には、大和郡山市の奈良社会保険病院、16日には、横浜市の社会保険横浜中央病院に、三役を先頭にビラ入れ・オルグに立った。

続きを読む ≫
Previous Next Move Close