週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

北海道 歴史的な政治集会 国鉄決戦をこの地で闘う

週刊『前進』06頁(2615号02面03)(2014/01/13)


 北海道 歴史的な政治集会
 国鉄決戦をこの地で闘う


 昨年末、革共同北海道地方委員会は政治集会を開催した。国家権力との非妥協的闘いを貫き、反革命カクマルに勝利してきた地平を確認し、2・16国鉄集会を突破口に2014年決戦に総決起することを誓い合った。地方委員会からの基調報告、革共同中央を代表しての天田三紀夫書記長の講演に続き、自治体など各産別・各地区から決意表明を受けて歴史的な成功をかちとった。
 基調報告は、国鉄改革法を打ち破った9・25判決とJR北海道問題が示すように、国鉄決戦を軸に新自由主義攻撃を打ち破る「環」をつかんだと2013年を総括。国鉄決戦の前進で公務員決戦の開始にかみ合い、反原発決戦の爆発と一体で改憲阻止決戦への労働者階級の壮大な決起が開始され、労働組合をめぐる攻防という共通の課題で国際連帯闘争が成長し、沖縄闘争などあらゆる闘いが発展したことを鮮明にして、100万人の労働者人民と結合できる情勢が到来したことを確認した。
 労働組合を軸に発展し始めた国鉄闘争全国運動をさらに発展させ、労働者階級への信頼に立ちきり、党と労働組合の一体的建設へ、不断の自己変革で地方委員会を労動者階級の最高の団結形態としてつくり出そう、星野闘争を労働運動の課題にしようと提起し、圧倒的に承認された。
 天田書記長は「北海道での革共同政治集会の開催は労働者階級全体にとって決定的」とした上で、刊行された『現代革命への挑戦』を貫く核心点を、@日共スターリン主義、反革命カクマル、血債主義との闘いを通して労働者階級がマルクス主義を闘い取ったこと、A戦後日本階級闘争は国鉄を軸に闘われ、ついに国鉄決戦でプロレタリア世界革命を切り開く展望を握ったこと、B労働者階級が自己を支配階級として形成していく決定的武器として、労働組合の意義をつかみ取ったこと――と提起した。
 最後に天田書記長は、国鉄・反原発・改憲阻止・星野同志奪還で2014年決戦に総決起しようと訴え、参加者は確信と決意を深めた。