週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

現代の治安維持法と闘う会1・22結成集会へ 巨万の決起で弾圧法葬ろう 「新捜査手法」の導入を許すな

週刊『前進』06頁(2665号06面01)(2015/01/19)


現代の治安維持法と闘う会1・22結成集会へ
 巨万の決起で弾圧法葬ろう
 「新捜査手法」の導入を許すな


 すべてのみなさん! 「階級的労働運動で勝利できる! 治安弾圧は打ち破れる!」と確信をもって訴える、力ある勢力を今こそ登場させよう。特定秘密保護法に対する巨万の怒りの決起を発展させて、原発・基地・戦争への怒り、「非正規職撤廃!生きさせろ!」の闘いと一体で安保関連法・治安弾圧法阻止の巨万の国会包囲闘争を実現し、安倍政権を打倒しよう。
 1・22「現代の治安維持法と闘う会」結成集会(要項1面)に総結集し、2〜3月国鉄・反原発決戦の突破口を切り開こう。

安保法案と一体で戦争体制狙う

 安倍政権は「戦後70年」の節目に、再び侵略戦争のできる国家への全面的飛躍を狙っています。「存立事態」なる概念をデッチあげて地球上のどこへでも軍事介入できるようにするために、集団的自衛権の行使への安保関連法案の国会提出と、侵略戦争を開き直って「積極的平和主義」と称して戦争・改憲宣言を行う「戦後70年談話」を強行しようとしています。世界大恐慌のもとで帝国主義間・大国間の権益争いが戦争として爆発する中で、日帝・安倍政権は敗戦帝国主義からの絶望的飛躍を策動しています。
 すべての攻撃が戦時下の攻撃として展開され、それと一体で、「岩盤規制撤廃」と称した戦後労働法制の解体、愛国主義教育や公務員攻撃、社会保障解体と、それらのもとで海外権益の獲得へ鉄道・原発などのインフラ輸出、武器輸出が推し進められています。
 そしてこのような新自由主義攻撃は、労働組合の解体を核心とした階級戦争として仕掛けられています。それなしには、労働者人民の反抗をたたき伏せて新自由主義を貫徹し、戦争に動員していくことはできないからです。そこで安倍政権は、労働者人民の闘いを監視・弾圧し、「治安維持」のために特定秘密保護法などの治安弾圧体制の強化を進めているのです。
 安倍政権の「戦後70年」攻撃との対決の重要な一環として、国鉄決戦を軸とした階級的労働運動と国際連帯の発展で治安弾圧攻撃を粉砕する闘いが今こそ求められています。

警察の「盗聴やり放題」粉砕しよう

 安倍政権は、通常国会で安保関連法案とともに、「新捜査手法」の本格的導入を狙っています。その内容は、警察の盗聴拡大(対象罪種の飛躍的拡大、立会人廃止、警察施設での無制限録音―盗聴自由化だ!)、デッチあげ弾圧をもたらす司法取引、スパイによる有罪デッチあげを可能にする匿名証人制度などです。これは、予防弾圧の要として4度目の提出が狙われる「共謀罪」や、特定秘密保護法の運用に必要不可欠のものです。
 新捜査手法に賛成する日弁連執行部の転向に対し、反撃ののろしが上がっています。階級的労働運動派を先頭に闘いに立ち上がり、全人民に対して徹底的に暴露すれば、警察の盗聴・監視と弾圧に対して巨大な怒りが爆発することは間違いありません。京大で公安警察官を摘発したたき出した闘いは圧倒的支持を獲得しました。これに驚きあわてた公安警察の弾圧にも「完全黙秘・非転向」の原則的闘いと弾圧粉砕の大衆的闘いで、公安警察の支配を一層の危機にたたき込んでいます。

階級的労働運動と国際連帯が鍵

 韓国では、危機に陥ったパククネ政権が、党員10万人・国会議員5人を擁する統合進歩党を「反国家団体」と決めつけ、団体解散・議員資格はく奪・財産没収という、父親のパクチョンヒ軍事政権の時代にもなかったすさまじい反革命を強行しました。これに労働者が怒りを爆発させる中、民主労総の執行部選挙で資本と非和解の闘いを貫いてきた現場労働者を中心とする新執行部が登場し、韓国労働者階級にパククネ政権打倒の大闘争を呼びかけています。
 新自由主義と闘う階級的労働運動が世界を獲得する時代が来ました。階級的労働運動と国際連帯を発展させ、治安弾圧を粉砕しよう。非合法・非公然の党を建設し、帝国主義の治安弾圧攻撃を、大衆的反撃で階級的団結の拡大に転化し、勝利しよう。
(吉澤夏樹)