週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

イラク派兵・負傷国賠裁判原告 池田元3曹の起訴弾劾 デッチあげ粉砕し奪還を!

週刊『前進』08頁(2710号06面01)(2015/12/14)


イラク派兵・負傷国賠裁判原告
 池田元3曹の起訴弾劾
 デッチあげ粉砕し奪還を!

(写真 勾留理由開示公判当日、池田裁判をともに闘う会が名古屋簡裁前でビラまき【12月4日】)


 自衛隊を相手に国家賠償請求訴訟を闘っている池田頼将元3等空曹が11月19日、愛知県警により「万引き共謀」デッチあげで不当逮捕され、12月10日、起訴された。徹底的に弾劾する。国賠闘争をともに闘う東海合同労組の坂野康男執行委員長が12月8日に発したアピールです。(編集局)

東海合同労組が国賠裁判を支援

 池田頼将元3等空曹は2006年にイラク復興支援隊員として派遣され、米軍関連の軍用バスにはねられ、大けがをしました。そして12年9月26日、「元の体に戻せ」と国・自衛隊に損害賠償を請求する訴訟を名古屋地裁に起こしました。
 池田元3曹は、軍服を着た労働者であり、11月全国労働者総決起集会にも参加した私たちの仲間です。池田元3曹の怒りの決起に応えて東海合同労働組合は、支援・連帯し闘うことを昨年12月の第11回定期大会で決定し、イラク派兵・負傷国賠裁判への取り組みを開始しました。
 「自分のような犠牲者が、戦争法のもとで出てはならない」「裁判を始めたら、国や自衛隊は平気でうそをつく。自分の名誉のためにも国の不当性を認めさせたい」。これが池田元3曹の決意です。この意志を共有し、国・防衛省の「安全配慮義務違反」、公務災害の療養給付打ち切り、パワハラによる退職強要との闘いを、労働運動の課題として取り組むために、東海合同労組は執行委員長・坂野康男を代表とする「池田裁判をともに闘う会」を立ち上げました。そして、全国の労働組合への呼びかけを開始してきました。

「万引き共謀」をデッチあげ逮捕

 この重要な意義をもった裁判の進行協議を前にした11月19日、愛知県警は、「10カ月前の、スーパーでの万引きを共謀した」というまったくのデッチあげで池田元3曹を逮捕し、接見禁止をつけて不当に勾留してきました。愛知県警は、いったん「傷害事件」をデッチあげて池田元3曹を連行し、その日の夕方、「万引き共謀」で逮捕したのです。絶対に許せません。
 池田元3曹は、「この弾圧は、自衛隊を相手にした国賠裁判や、自衛隊の海外派兵に反対する活動に対して圧力を加える目的としか考えられません」と怒りを込めて弾劾しています。
 国会をとりまく数百万の怒りの中で戦争法成立を強行した安倍政権に対して、「今度はゼネストと国際連帯で戦争をとめる! 安倍を倒す!」という闘いが始まっています。戦争法は通しても、南スーダンPKOで狙っていた「かけつけ警護」を延期せざるを得なくなりました。
 戦争法に反対し改憲を許さない労働組合の闘いをつぶしきれない中で、ゼネストと国際連帯を闘う労働運動に兵士が合流する時代が始まっています。
 追い詰められた安倍政権は、「伊勢志摩サミット」をにらんで、戦争絶対反対の生き方を貫いて自衛隊を相手に裁判に立ち上がった池田元3曹へのデッチあげ弾圧、自衛隊裁判つぶしに踏み切ったのです。
 伊勢志摩サミットにかけた安倍政権の狙いは、中東はもとよりアジア・朝鮮への侵略派兵とそのための国民総動員にあります。

兵士と労働者の団結で戦争阻め

 しかし、労働者の国境をこえた国際連帯と労働組合のもとで団結を拡大する力が、戦争協力を拒否しゼネストで戦争をとめる労働者階級の力だと確信します。
 東海合同労組は、12月6日の第12回定期大会で「池田裁判つぶし」の不当弾圧を弾劾し、弾圧を兵士(自衛官)と労働者の団結の強化・拡大に転化して闘う特別決議をあげました。「自衛のための戦争」「テロとの闘い」「北朝鮮への制裁」は侵略戦争に動員するための口実であり、戦争絶対反対、改憲阻止の闘いを分断する支配階級のスローガンにほかなりません。
 愛知県警と名古屋地検による不当な逮捕と捜査を弾劾し、裁判つぶし、原告つぶしをはね返しましょう。改憲・戦争に踏みだした安倍政権を、労働者の国際連帯とゼネスト、さらには兵士(自衛官)の合流、兵士との団結を全国でつくりだして打ち倒しましょう!
 池田元3曹奪還へともに闘うことを訴えます。