週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

下獄5年2カ月に勝利 熱気包む福嶋同志出獄歓迎会

週刊『前進』04頁(2867号04面02)(2017/08/14)


下獄5年2カ月に勝利
 熱気包む福嶋同志出獄歓迎会

(写真 「満期出獄おめでとう!!」??7月13日出獄した福嶋昌男同志を囲んで盛り上がった歓迎会【7月29日 前進社】)

 7月29日、前進社において、5年2カ月におよぶ下獄闘争を不屈・非転向で勝ちぬき、13日に出獄してきた福嶋昌男同志を迎え、歓迎会がかちとられた。
 福嶋同志は、1986年東京サミット粉砕闘争として闘われた4・15米軍横田基地と5・4迎賓館ロケット弾戦闘に、事前共謀で関与したとしてデッチあげられ、無実であるにもかかわらず、爆取(爆発物取締罰則)1条で12年という重刑を科された。逮捕されてから12年近くに及ぶ許しがたい超長期の未決勾留を強制された。しかし、そのほぼ半分の年数しか刑期に算入されず、残刑5年2カ月の下獄となった。
 歓迎会には80人を超える同志が結集し、開始前から勝利の熱気に包まれた。
 冒頭、歓迎のあいさつに立った天田三紀夫書記長は、2017年前半決戦の勝利と戦争と革命の時代への突入を熱く語り、こうした情勢のもとで福嶋同志と合流できたことに心底から喜び、なにより、福嶋同志が心身ともに元気で出獄してきたことが、大いなる勝利だと同志をたたえた。
 結集した多くの同志たちが次々立って、福嶋同志の下獄闘争の勝利的貫徹をたたえた。特筆すべきは病気治療の関係で、収監日の延期を闘いとってきた須賀武敏同志が、ついに福嶋同志を外で迎えることになり、バトンをタッチして、下獄闘争に突入する決意を明らかにした。
 すべてのあいさつに応えて、福嶋同志が「5年2カ月前、前進社で下獄を前にして送り出しを行っていただきました。その際、みなさんに再会を約束しましたが、それを実現できて本当にうれしい」と切り出し、渾身(こんしん)の決意表明(別掲)を行った。
 学生の音頭で団結ガンバロー三唱とインターナショナルを斉唱して、大高揚の中で歓迎会は終了した。