週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

的場昭弘さん招き法大新歓

週刊『前進』04頁(2935号03面03)(2018/04/23)


的場昭弘さん招き法大新歓


 4月16日、法政大学社会科学研究会の新歓企画として「マルクスだったらビットコインをこう考える」と題した講演会を行いました。講師は、マルクス経済学者の的場昭弘さん(神奈川大学教授)です。
 的場さんは、労働価値説に基づいて仮想通貨ビットコインのしくみを分かりやすく解説しました。
 講演を通じて、@貨幣とは一商品であり、労働力の対象化としてあること、A価格と価値は違うこと、B一地方的な証券を国家が統制して紙幣が生まれたこと、C1971年以降の管理通貨制度と信用不安が仮想通貨の背景にあること、D国家による規制がなければ、仮想通貨は投機的な使われ方しかされないこと、Eブロックチェーンの可能性についてなどが明らかにされました。
 その後の討論では、「AI(人工知能)技術についてどう考えるか」「ビットコインは買うべきか否か」などの活発な議論が行われました。
(法政大・A)