週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

8・6大行動 改憲阻止へ決戦の火ぶた切る 大行進運動が本格始動

週刊『前進』04頁(2963号01面03)(2018/08/13)


8・6大行動
 改憲阻止へ決戦の火ぶた切る
 大行進運動が本格始動

(写真 被爆者、被爆2世・3世を中心にドーム前集会をかちとり、「被爆73周年8・6ヒロシマアピール」を全員の拍手で確認)

(写真 若者や観光客でにぎわう広島本通商店街を元気に行進する「8・6ヒロシマ大行進」のデモ隊に多くの人々の熱い注目が集まった)

原爆ドーム前に500人
 権力・右翼の妨害粉砕し

 6日朝6時前から8・6ヒロシマアピール集会に参加する人々が原爆ドーム前に続々と集まった。安倍の意を受けて妨害しようとする「日本会議」と、「警備」の名で弾圧の機をうかがう警察・機動隊は、参加者の気迫に押されて意気消沈し、手も出せない。集会に先立つ学生と青年のアピールがさらに圧倒した。
 7時15分、集会が始まった。主催者を代表して被爆2世の中島健さんが、核武装に向けて改憲発議を狙う安倍を弾劾し、フクシマを抜きに核廃絶は語れないと鋭く説いた。長崎の被爆者・城臺美彌子さんは核兵器の増大に警鐘を鳴らし、改憲絶対反対の思いを語った。
 ふくしま合同労組書記長、動労水戸委員長、沖縄大学学生自治会委員長、婦民全国協がアピールした。
 韓国のサード阻止を闘うソソンリ対策本部長のパクチョルジュさんが登壇し、世界の労働者が団結して戦争のない世の中をつくろうと熱く訴えた。参加者は国際連帯の力を確信し大きな拍手で応え、全学連の高原恭平さんは共に闘う決意を表明した。
 「被爆73周年8・6ヒロシマアピール」を被爆2世の壹貫田康博さんが読み上げた。原爆が投下された8時15分に黙?(もくとう)を行い、ただちにデモに出発。先頭に立つのは前日の国際連帯集会を共に成功させた韓国、アメリカの仲間たちだ。沿道の人々の注目を集めて進むデモ隊。式典会場が近づく。「安倍の式典出席弾劾! 安倍は帰れ!」。怒りのシュプレヒコールがあいさつ中の安倍を直撃し、橋のたもとでは男性が拍手で応える。これがヒロシマの怒りだ。
 大通りに出たデモは中国電力本社へ。外国人が次々と加わってくる。中電は住民の反対の声を踏みにじり島根原発3号機の再稼働を狙い、上関原発の建設を進めている。反対行動中の住民と共に中電を弾劾した。

教労、自治労を先頭に
 安倍打倒へ職場から決起

 6日朝の集会とデモに続き、午後12時30分から広島県立総合体育館で開催された8・6ヒロシマ大集会に全国から900人が集まった(2面に主な発言)。
 集会冒頭、広島の被爆2世・3世による詩の群読が行われ、峠三吉の『原爆詩集』から「にんげんをかえせ」と「1950年の8月6日」が読み上げられた。
 広島の自治体労働者の司会で集会が始まり、8・6ヒロシマ大行動共同代表で被爆者の吉原美玲子さんが「安倍政権を終わらせましょう」と開会あいさつを述べた。
 続いて大行動事務局長で被爆3世の宮原亮さんが基調提起を行った。宮原さんは「人生をかけ、命をかけて闘う時がやってきた。今日をスタートに改憲・戦争絶対阻止の旗を全国に打ち立て、労働者民衆の団結と国際連帯の闘いで戦争を阻止しましょう。特に国鉄、教労、自治労などの労働組合をめぐる攻防を中心に据えましょう」と強調した。
 福島からの発言を動労福島の橋本光一委員長と福島診療所建設委員会の佐藤幸子さんが行った。橋本さんは動労水戸とともに被曝労働拒否闘争を闘う決意を表明し、佐藤さんはふくしま共同診療所を中心に子どもの命を守る活動をこれからも担っていくと語った。
 続いて韓国・テグのイジョンジェ民衆行動事務局長とアメリカのシンディ・シーハンさんが国際連帯のアピールに立ち、拍手と歓声が会場にあふれた。
 カンパアピールの後、星野文昭さんのメッセージを星野暁子さんが代読した。
 「改憲と核戦争とめよう」と題して、婦人民主クラブ全国協議会広島支部の宗藤信江さん、島根人類愛善会の松浦武生会長、弁護士の新川登茂宣さん、高陽第一診療所労働組合の森末一義委員長が次々とアピールに立った。
 教育労働者から広島の平野綾子さん、日教組奈良市の有田雅行委員長が発言。自治体労働者からは自治労広島市労働組合の福井利明委員長、自治労倉敷の百本敏昭副委員長、愛媛県職労の宇都宮理委員長が発言。百本さんは、「西日本豪雨災害は新自由主義・地方切り捨てによる人災だ」と弾劾した。教育現場と自治体職場から「改憲・戦争阻止!大行進」の先頭に立つ決意が鮮明に示され、会場全体が大きな拍手で応えた。
 動労西日本の大江照己委員長は、豪雨災害に乗じたJRの芸備線廃線を許さず全力で闘うと宣言。動労千葉の繁沢敬一副委員長は、JR乗務員勤務制度改悪阻止へストライキで闘うと表明した。最後に、広島大学と東京大学の学生が改憲阻止闘争の先頭に立つ決意をアピールした。
 集会の最後に、大行動共同代表で安芸太田町議会議員の大江厚子さんが閉会あいさつを行い、「昨日と今日の高揚感で長崎へ、そして改憲・戦争阻止!大行進へ向かっていきましょう」と締めくくった。
 午後3時から「改憲と核戦争をとめよう!8・6ヒロシマ大行進」が行われ、猛暑の広島市内を元気に進むデモ隊に沿道の注目と声援が集まった。