週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

8・5ヒロシマアピール

週刊『前進』04頁(2963号02面02)(2018/08/13)


8・5ヒロシマアピール


 8月5日に広島市で開催された国際反戦反核集会(記事1面)で採択された8・5ヒロシマアピールを全文紹介します。(編集局)

国際連帯共同行動宣言

 6・12米朝首脳会談から1か月半、「非核化」交渉は早くも停滞し、米・日による朝鮮核戦争の情勢は継続している。世界全体を見渡しても、米中対立をはじめ、大国間の対立と軍事的緊張が強まっている。
 米・日・欧、中国・ロシア、帝国主義とスターリン主義的大国の支配階級が、それぞれの延命と利害をかけて朝鮮半島・東アジアや中東を発火点に世界核戦争の危機を深める中、労働者階級の国際連帯の発展が今こそ求められている。
 公教育破壊と排外主義に立ち向かうアメリカ教育労働者の決起。ろうそく革命をかちとり、南北労働者による統一と平和の実現へ闘う韓国労働者階級。帝国主義の侵略に抗する中東人民。日本ではじまった階級的労働組合を中心とする改憲・戦争阻止の闘い。これら戦争に反対し、社会の根底的変革を求める労働者の国境を越えた団結こそ、核戦争阻止の力であることを確認し、以下宣言する。
(1)アメリカ・トランプ政権とこれを支持する日本の安倍政権による、朝鮮半島への一切の戦争準備、先制攻撃、核攻撃の発動を断じて許さない。
(2)アメリカ帝国主義とイスラエルによるパレスチナ・中東侵略、人民虐殺を許さない。アメリカ帝国主義によるイランへの侵略戦争策動に断固反対する。
(3)アメリカ帝国主義のNPR、小型核開発、核戦争政策に反対する。
(4)日本を再び戦争ができる国にするための改憲、憲法9条破棄に絶対反対する。
(5)日米安保体制粉砕! 米日韓軍事同盟反対! 沖縄・辺野古基地建設阻止! ソソンリのサード配備を撤回せよ!
(6)ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ、チェルノブイリ、フクシマをくり返すな! 全原発を廃炉に! 安倍政権の原発再稼働とプルトニウム大量保有、改憲と核武装を阻止しよう。
(7)戦争を阻止する唯一の力は、資本と国家権力に対する労働者階級のゼネストと国際連帯にのみある。
 帝国主義の軍備拡張と核保有、侵略戦争と核戦争を正当化する核抑止力論、自衛戦争論の一切に反対する。
 世界の労働者階級の闘いと国際連帯の力ではなく、核をもって帝国主義に対抗することは、帝国主義の世界戦争・核戦争を促進し、労働者民衆の虐殺と被曝を引き起こす。全世界の労働者民衆に対して、ヒロシマ・ナガサキ、チェルノブイリとフクシマを思い起こし、自国政府の一切の核保有、核武装に反対する行動に立ち上がることを呼びかける。
(8)朝鮮半島・東アジア、中東、全世界における戦争・核戦争に反対し、すべての核をなくすための国際連帯の共同行動を呼びかける。
 *8・6ヒロシマの行動を国際的な反戦反核行動として、さらに発展させよう。
 *シンディ・シーハンさんらが呼びかける10・21ペンタゴン(米国防総省)デモに連帯する。
 *韓国におけるサード配備撤回闘争に連帯する。
 *11月4日に関西生コン、港合同、動労千葉の3労組が呼びかける東京の労働者総決起集会を、安倍政権の改憲・戦争を阻止する闘争として、さらに日韓米労働者を中心とする新自由主義と戦争に反対する国際連帯闘争としてかちとることを訴える。
 全世界労働者の団結で、世界戦争・核戦争を阻止し、核をなくそう!

2018年8月5日 広島
8・5広島国際反戦反核集会