週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

全学連の決意表明

週刊『前進』04頁(2973号01面04)(2018/09/17)


全学連の決意表明

参院選に革共同として挑戦する
 全学連 斎藤郁真さん

 私は来年の7月の参議院選挙に革命的共産主義者同盟として挑戦します。この時代に新しい労働者の政党をつくる、その任務の先頭に立ちます。この間、安倍が改憲を宣言し、麻生の派閥が来年の参院選までに改憲をやるべきだと言っていますが、そんなことは許しません。安倍政権を打倒し、改憲・戦争国家化を阻止する決意です。改憲阻止を軸に職場・キャンパスから大闘争を巻き起こす。本日をもってその挑戦にうって出ましょう。11・4労働者集会の大成功をかちとりましょう。最後に、今日この場に集まったすべての労働者・学生に革命的共産主義者同盟への結集を強く訴えます。改憲を革命に転化し、自国政府を打倒する巨大な闘争をともにつくりあげていきましょう。

仲間との団結を武器に区議選へ
 全学連 洞口朋子さん

 来年の統一地方選に杉並区から立候補することを決めました。法大闘争で培ってきた団結、国家権力や大学当局と非和解で闘う精神、これが私の原点です。仲間との団結が私のすべてです。党と労働者階級が杉並で切り開いてきた闘いの歴史をすべて引き継ぎ、発展させるために全力でがんばります。星野文昭さんと大坂正明さんを取り戻して絶対に革命に勝利しましょう。

改憲阻止・新自由主義大学粉砕へ
 全学連委員長 高原恭平さん

 全学連の新委員長に就任しました。新しい執行部は何よりも「改憲阻止・新自由主義大学粉砕」を闘いぬく執行部です。この間、京大を先頭に大きな闘いが爆発し、東大を始め多くの大学で拠点建設が進んでいます。50年前の日大・東大闘争のように大学を革命のとりでにすることは絶対に可能です。大衆運動を爆発させ、全学連を拡大し、ゼネストの指導部となる中央執行委員会をつくっていきたいと思います。そして11・4全国労働者集会と改憲阻止の大デモを1万人の規模でかちとり、日帝・安倍にたたきつけようではありませんか。自らの闘いと革共同の50年以上の歴史に確信を持ち、労働者階級に無限の信頼を置いて職場・キャンパスでどんどんオルグしましょう。今、世界は戦争情勢ですが、同時に革命情勢です。全学連の大先輩である星野文昭さんに学んで闘います。改憲阻止・日帝打倒! 日本プロレタリア革命の完遂に向かって、人生をかけ命をかけてともに闘い抜きましょう。

学籍以外に失うものは何もない
 全学連書記長 加藤一樹さん

 僕が全学連に結集したのは、改憲の波が大学にも押し寄せているからです。京大での立て看板禁止や自治寮つぶしは、学生の言論の自由を封じ込め、労働者階級の利益を圧殺して改憲を推し進めようとする策動です。これに対し僕たちは、戦争を絶対許さない、社会の主役は労働者であり大学の主役は学生なんだという気概で闘います。労働者は鉄鎖以外に失うものはないし、学生も学籍以外に失うものはありません。全国大学でストライキを行って「軍事研究を許さない」と声をあげていきたい。京大では同学会の執行部選挙で「新自由主義大学爆砕」を掲げる安田淳敏委員長が信任をかちとりました。労働者と学生の連帯で安倍政権の改憲策動を粉砕しましょう。