週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

改憲突撃内閣を倒そう 安倍への怒りを11・4日比谷へ

週刊『前進』02頁(2982号01面01)(2018/10/18)


改憲突撃内閣を倒そう
 安倍への怒りを11・4日比谷へ


 東京・日比谷で開かれる11・4労働者集会/改憲阻止1万人大行進まで3週間を切った。11・4日比谷は改憲に突進する第4次安倍改造内閣を倒す最大の決戦だ。沖縄知事選で、沖縄民衆は戦争も基地も、非正規職も貧困も強制する社会はもうたくさんだと、佐喜真淳と安倍を大敗北にたたき込んだ。安倍はぐらぐらだ。沖縄の歴史的な決起に続き、全国の怒りを11・4日比谷に大結集させよう!

戦争と腐敗まみれの極右

 安倍は第4次改造内閣を発足させ、内閣や自民党役員を極右の盟友・側近で固め、改憲に突入する布陣を敷いた。だが、その多くが森友・加計問題などで国家犯罪に手を染めてきた、腐敗し切った連中である。労働者民衆の怒りはますます爆発するばかりだ。
 安倍極右内閣は、閣僚20ポスト中15人が「日本会議国会議員懇談会」に所属している。日本会議は、新憲法を制定し戦前の天皇制国家復活をたくらむ極右団体だ。侵略戦争の歴史を美化し、日教組を執拗(しつよう)に攻撃し排外主義を扇動してきた。
 その先頭に立って改憲攻撃で極悪な役割を担おうとしているのが、「ワイマール憲法はいつの間にか変わった。ナチスの手口に学べ」(2013年7月)と言い放った財務相・副総理の麻生太郎だ。森友疑獄の文書改ざんの責任も取らずいまだに居直っている。
 自民党憲法改正推進本部の本部長には下村博文を据えた。安倍の腹心で元文科相だ。道徳を教科化して戦争教育を推進してきた。下村も加計学園からの200万円違法献金の疑惑にまみれている。
 ちなみに就任早々、「教育勅語を現代風にアレンジして道徳(教科)で教えることは検討に値する」と発言した文科相・柴山昌彦も、下村同様の極右である。彼らは、戦前・戦中の軍国主義教育の要であった教育勅語を「親孝行など道徳的にいいことが書いてある」と賛美するが、すべての徳目は「国の危機に際しては、皇室の運命が永遠に続くように身を捧げよ」に収れんされる。柴山は、安倍の方針のもとあえて教育勅語を焦点にし、「お国のために命をささげよ」と意図的に扇動しているのだ。
 さらに党の最高決定機関である総務会の会長には、過労死遺族の思いを踏みにじって「働き方改革」法を強行採決した前厚労相の加藤勝信を配置した。
 また自衛隊の日報隠ぺい問題で防衛相を辞任した稲田朋美が安倍の子飼いとして返り咲き、筆頭副幹事長、総裁特別補佐に就いた。稲田は「若者全員に一度は自衛隊に触れてもらう制度はどうか」と徴兵制を唱えている。
 地方創生相の片山さつきは、12年の自民党憲法改正草案の起草委員。「現行憲法は責任や義務を果たすよりも権利と自由を要求することの方が重要だと言わんばかり」と基本的人権を否定し、生活保護バッシングの急先鋒となってきた。
 挙げればきりがない。こうした発言の数々こそ改憲で安倍がめざす社会像だ。それは資本家階級とその国家のために労働者を職場と戦場で死ぬまでこき使う社会だ。築地をつぶし、福島を圧殺し、戦争のために「命より金もうけ」の社会にしようとしているのだ。

今が決戦!1万人結集を

 追い詰められた安倍は、臨時国会で自民党改憲案を示し、国民投票法改定案の審議再開をもくろみつつ、改憲の突破口を開こうとあがいている。11・4集会は安倍改憲プランを葬る最大の激突点だ。10・21国際反戦デー、10・24臨時国会開会日闘争から11・4集会に上り詰めよう。
 安倍は共謀罪型弾圧で、闘う労働組合を一掃し改憲・戦争に突入しようとしている。全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部はこれと不屈に闘いぬいている。また動労水戸は「常磐線特急車掌一人乗務」「水郡線ワンマン運転拡大」に反対しストライキに立つ。闘う労働組合を先頭に、すべての怒りを結集させ安倍を倒し改憲を阻止し、労働者が主人公の社会をつくろう。

------------------------------------------------------------
第4次安倍改造内閣と自民党役員の極右・改憲派

その他の極右・改憲派は割愛。◎は日本会議国会議員懇談会のメンバー

内閣
総理 安倍晋三 ◎  
日本会議国会議員懇談会の特別顧問。「労働組合のない社会」「戦争する国」をめざす

副総理 財務 金融 麻生太郎
 ◎
森友問題文書改ざんの主犯。「改憲はナチスの手口に学べ」「武装難民は射殺ですか」

法務 山下貴司
 ◎
元検察官。安倍に近い政治信条。改憲に熱心。共謀罪法審議で野党議員に再三ヤジ

文部科学 柴山昌彦 ◎
「教育勅語を現代風にアレンジして道徳(教科)で教えることは検討に値する」

厚生労働 働き方改革 根本匠 
党改憲推進本部事務総長を経験。「天皇を憲法上、元首と位置付けることもあり得る」

環境 原子力防災 原田義昭 ◎
党国際情報検討委員会の委員長時に「南京大虐殺はなかった」と明言。改憲もHPで表明

防衛 岩屋毅  ◎
「教育基本法改正促進委員会」事務局長。カジノ推進派で米カジノ企業から脱法献金受領

復興 原発事故再生 渡辺博通 ◎
侵略の歴史を美化する教科書議連メンバー。
発足時、安倍事務局長のもとで事務局次長に

地方創生 女性活躍 片山さつき ◎
「慰安婦問題など存在しない」。自民党憲法草案の起草委員。生活保護をバッシング

五輪 桜田義孝 ◎
「慰安婦は職業としての娼婦」「(放射性廃棄物を)福島に置けばいい」「自主憲法制定を」

自民党役員
総務会長 加藤勝信 ◎
百田尚樹の沖縄二紙つぶせ発言に対し「傾聴に値」。前厚労相で過労死、非正規化を促進

選対委員長 甘利明  ◎
建設会社から口利きの見返りとして事務所に1200万円相当の賄賂。経済再生担当相を辞任

憲法改正推進本部長 下村博文 ◎
元文科相。加計から違法献金疑惑。大学に国旗・国歌強制。「教育勅語の中身はまっとう」

筆頭副幹事長 総裁特別補佐 稲田朋美 ◎
元防衛相。自衛隊日報隠ぺいで辞任。「若者全員に自衛隊に触れてもらう」と徴兵制推進

幹事長代行 萩生田光一 ◎
加計疑獄の中心。07年に「新憲法制定促進委員会準備会」事務局長を務め新憲法案公表