週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

星野解放へ最大の山場 革共同弾圧対策委員会の報告(上) 改憲阻止と一体で闘い11・25全国から高松へ

週刊『前進』04頁(2985号04面01)(2018/10/29)


星野解放へ最大の山場
 革共同弾圧対策委員会の報告(上)
 改憲阻止と一体で闘い11・25全国から高松へ

(写真 6・3高松市内パレード)


 今秋、革共同弾圧対策委員会は全国会議を行った。安倍政権は改憲案を臨時国会で発議し、憲法9条を解体して戦争に突き進もうとしている。この情勢下で星野文昭同志奪還の闘いが重大な局面を迎えている。会議では絶対に星野同志を奪還しようと決意を新たにした。また、改憲のための共謀罪攻撃としてかけられた関西地区生コン支部への弾圧を全力ではねのけ、粉砕しようと熱烈に確認した。2回にわたり会議の内容を報告する。

実力で釈放もぎとろう

 星野文昭同志を取り戻す闘いは、昨年7月に高松市にある四国地方更生保護委員会に対する闘いを開始して以降、もっとも緊迫した状況を迎えている。すでに更生保護委員会は星野同志に関する「仮釈放審理」を開始しており、結論を出すための過程に入ったと考えられる。何としても「許可決定」を出させるために、できることは何でも前倒しに全力でやりぬこう。
 沖縄闘争を闘い、無実で獄中44年の星野同志をもはや1日たりとも刑務所に置くことは許されない。星野同志奪還のために、11・4労働者総決起集会/改憲阻止!1万人大行進の爆発から11・25高松全国集会の大高揚の実現へ総力で立ち上がろう。
 星野闘争と、改憲・戦争阻止、安倍政権打倒の闘いは完全に重なり、相互に強め合って共に発展していくものとしてある。安倍政権は、総力戦を展開しながら沖縄県知事選に大敗北し、労働者民衆の怒りと闘いでグラグラになっている。しかし追い詰められ危機にあるからこそ、改憲発議に向けてしゃにむに突き進んでいるのだ。これと真っ向から対決し、星野同志を奪還しよう。

更生保護委あて要望書を

 10月1日、台風の影響による交通機関の大混乱をはねのけて、家族、再審弁護団、「星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議」共同代表が、更生保護委員会への第10回申し入れ行動を闘った。
 広島から元衆議院議員の小森龍邦さんが参加した。小森さんは1988年から91年にかけて狭山事件の石川一雄さんの仮釈放に関して予算委員会や法務委員会で質問に立ち、「受刑者が再審を請求していることは仮釈放の妨げにならない」と政府に認めさせた。彼は「無期懲役は終身刑ではない。ただちに星野君を出せ」と激しく迫り、更生保護委員会の係官を圧倒した。パンフレット「絵画展」の筆者、八十島敦子さんも切々と訴えた。
 次回の申し入れは、くしくも星野同志が闘った71年の渋谷闘争と同じ11月14日になった。これには、元参議院副議長の角田義一さんや大阪の太田真美弁護士、佐渡市議会議員の荒井眞理さん、全国水平同盟の佃久子さんも参加する。
 更生保護委員会と闘う最大の武器は要望書だ。毎回、テーブルの上に積み上げられる要望書の山が、労働者民衆の怒りを突きつけている。もっと集めよう。
 星野絵画展は今年、10月末までに62カ所で開かれ、17カ所で計画されている。どの絵画展も、交流し安倍政権や改憲・戦争への怒りを語る場になっている。絵画展のスタッフになったり、周りから要望書を集める人が次々生まれている。
 11月、初めて京都大学で絵画展が開かれる。反動と弾圧を打ち破って前進する全学連と星野闘争が絵画展で合流する。また10月8日には全国で36番目の救援会が三重で結成された。

第2次意見広告の成功へ

 全国再審連絡会議は朝日新聞東京本社版に第2次意見広告を出すことを決断し、協力を訴えている。掲載地域は青森県から静岡県、長野県までの東日本で掲載予定は11月25日だ。東京本社版の販売部数は364万部に上る(2016年1〜6月平均)。
 5月20日の第1次意見広告は、すさまじい反響と感動を生み出した。今度は、首都圏を中心にこれを倍する人々に星野同志即時解放を訴えよう。掲載費と作成費の総計1千万円を全国の決起で必ず実現しよう。
 国際連帯も大きく発展している。広島での8・5国際反戦反核集会で「星野解放国際決議」が採択された。エルドアン独裁権力と闘うトルコのUID=DER(国際労働者連帯協会)は、要望書に組織的に取り組むと連絡してきた。韓国のテグから70通を超える要望書が届いた。10月11日、サンフランシスコの日本領事館前でフリー・ホシノの行動が展開された。
 今年最大の闘いは、11・4労働者集会の歴史的な成功と一体で、全国再審連絡会議が呼びかける11・25星野全国集会の圧倒的な成功を再び高松の地でかちとることである。この地平の上で、1月27日、東京での集会を成功させよう。
 何度でも高松に行き、星野文昭同志を絶対に解放しよう。

------------------------------------------------------------
沖縄闘争を闘って獄中44年
星野文昭さん絶対解放
11・25全国集会in高松
 11月25日(日)
 正午開場、0時30分開会
      3時30分パレード出発
 香川県民ホール(レグザムホール)小ホール棟5階 (JR高松駅徒歩8分)
 主催 星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議