週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

紹介 序局第20号  改憲阻止決戦への論陣

週刊『前進』04頁(3010号03面03)(2019/02/11)


紹介
 序局第20号
 改憲阻止決戦への論陣


 巻頭の長谷川さんは、50年以上に及ぶ杉並での闘いを振り返り、4月区議選で若い力が勝利することを訴えています。黒島論文は、日韓労働者の連帯を軸に国際連帯の思想を説き、柏木論文は天皇代替わり儀式を痛烈に弾劾しています。
 特集は、関生弾圧との闘いの重要性を押し出しています。武谷書記次長の不屈の決意が語られています。
 動労水戸と動労総連合から、鉄道の安全を損なう合理化攻撃との闘いの報告。
 豊洲市場開場と闘う小泉論文など各論文も、それぞれ重要です。沖縄・伊江島についてのレポートは、ほとんど知られてこなかった事件に光を当てています。
 「労働裁判の最前線から」では、国鉄解雇撤回の千葉県労働委員会との闘いが詳しく報告されています。
 野本さんの新連載も味わい深いです。
(破防法研究会『序局』編集委員会)