週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

農地死守・安倍倒せ!3・31三里塚へ 三里塚反対同盟のアピール

週刊『前進』04頁(3018号03面01)(2019/03/11)


農地死守・安倍倒せ!3・31三里塚へ
 三里塚反対同盟のアピール


 三里塚芝山連合空港反対同盟の4氏による、3・31全国総決起集会(要項1面)への結集を呼びかける訴えを紹介します。呼びかけに応えて全国から大結集しよう。(編集局)

農民としての生き方貫く
 敷地内天神峰 市東孝雄さん

 私の農地をめぐる請求異議裁判で、千葉地裁・高瀬順久裁判長は強制執行を認める不当判決を下しました。直ちに控訴し、裁判は東京高裁に移りました。
 判決は、祖父の代から約100年この天神峰の地で農業を続けてきたことを無視し、農業よりも空港を整備する方が公共性があるとか、離作補償が農業収入の100年分以上になるなどと言い放ちました。農民としての私の生き方を完全に否定し、空港のために犠牲になれと言うのです。裁判長も毎日米や野菜を食べているだろうに、農民に対してこれほどまで誇りを傷つけ、見下した物言いをするのかと、本当に腹が立ちます。判決がどうあろうと今までどおりこの地で農業を続ける、それが自分の生き方だと確信しています。
 一方で、南台の私の農地をめぐる「耕作権裁判」は、NAA(成田空港会社)の証拠偽造などの不正が次々と暴かれ、もう12年も一審の千葉地裁で闘っています。強制執行を阻むためにも、この耕作権裁判に勝たなくてはなりません。
 私は自分がつくる完全無農薬・有機栽培の野菜に誇りを持ち、それをみなさんに食べてもらうことに生きがいを感じています。しかし安倍政権は、農業を新たなもうけ口として大資本に差し出そうとしています。
 反対同盟は、全国の労働者、農民、学生、市民とともに、そして国策と闘う沖縄・福島と連帯して、安倍政権打倒をめざして立ち上がります。3・31全国集会へのみなさんの結集をお待ちしています。

不屈に闘えば必ず勝てる
 敷地内東峰 萩原富夫さん

 三里塚は53年、空港開港から41年、「農地死守」の原則を守りぬいて今日まで闘ってきました。不屈に闘う限り必ず勝てると確信をもって言えます。
 安倍政権を今すぐ倒したいという声が全国で沸き起こっています。沖縄県民投票では「辺野古移設反対」が圧倒的多数を占めました。なのに安倍のあの居直りぶりは何だ! 絶対に許せない。
 「空港と地域との共栄」「空港が雇用を創出」「空港に公共性がある」......すべてうそっぱちだ。「空港機能強化」によって住民の追い出しと生活破壊、騒音地獄の拡大、農地・山林・水系の大規模破壊が現実のものとなる。第3滑走路の建設など絶対に阻止しなければなりません。住民自身が反対の声を上げ、抵抗の意思表示をしています。
 この空港による「経済効果」と、市東さんという一人の農民の人権。どちらを選ぶべきかは明白です。一人の人権を守ることがすべての権利を守る闘いであり、三里塚はそれを実践してきました。
 強制執行の停止決定を出させるために、担保金を千葉地裁に250万円、東京高裁に100万円支払わなければなりませんでした。裁判を闘い、強制執行阻止の実力闘争を準備するために、ぜひ反対同盟の呼びかける400万円カンパ運動に応え、周りの人にも広げてください。三里塚は必ず勝利します。

住民と共に機能強化阻む
 事務局員 伊藤信晴さん

 動労千葉や関西地区生コン支部の闘いが力強く前進し、階級的労働運動がいよいよ真価を発揮しようとする中で、国家権力の激しい弾圧が関生支部に襲いかかってきています。福島を先頭とする、帰還強制・原発再稼働の攻撃との闘いも重大局面です。そういう情勢の中で3・31集会を迎えようとしています。
 成田空港の機能強化をめぐっては、4者協合意という形でA滑走路の深夜0時までの運用時間延長が10月末から実施されると決められました。住民の声を完全に踏みにじる大暴挙です。
 かつて脱落派をとりこんだシンポ・円卓会議で、政府・空港公団は「謝罪」「反省」のポーズをとり、「対立構造の解消」「空港と地域の共生」を演出しました。それは、周辺市町を完全に空港推進の立場に組み敷き、特に元反対同盟の相川勝重芝山町長を空港推進の完全な手先に仕立てる結果となりました。
 そうした彼らにとって、今も市東さんの「農地死守」の闘いが営々と続き、空港周辺住民も次々と騒音と空港拡張に反対して立ち上がっている事態は、絶対にあってはならないものなのです。彼らに大打撃を与えている闘いの地平に、ますます自信と手応えを感じています。
 労働者、農民、学生、市民のみなさんが全国から力を持ち寄って3・31全国集会に集まることを心から訴えます。

体張って改憲攻撃と闘う
 事務局員 太郎良陽一さん

 市東さんの農地を守る闘いを決戦本部として全国に呼びかけ、熱いエネルギーをもって裁判闘争を闘いぬけたと思います。不当判決直後に強制執行が襲ってくることも予想され、体を張って闘おうと24時間体制で監視・座り込みをやりました。裁判所も執行停止を認めざるを得ない力関係を築いたと思います。農民だけの問題ではなく、ここに権力の横暴と闘う場所があると呼びかけてもっと広げていきたい。
 国やNAAの狙う空港の「機能強化」は実際には空港拡張であり、新空港建設です。これまで反対同盟が空港絶対反対で闘ってきたように、空港そのものに対する反対こそが必要です。
 沖縄でもあれだけ民衆が反対しても民主主義や法律を盾に工事を強行しています。じゃあどうするのか。やっぱり三里塚闘争です。成田空港建設では、うそ八百を並べて民主主義の手法を使うと言いながら、やっていることはごり押しです。反対同盟はそういう空港建設の暴力的な姿を暴き絶対反対で止めてきた。そこに力があります。
 攻めの転換としての全国集会です。改憲闘争に自ら出ていく。単に農地を守るだけの闘いじゃない。3・31を突破口に、今の安倍政権の改憲攻撃と真っ向から闘う勢力として東京高裁での闘いを全力でやろう。同時に、現地で反対同盟とスクラムを組み体を張って闘うことを呼びかけます。