週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

2019年日誌 4月2日〜8日 シナイ半島に自衛官派遣決定/「忖度」で塚田国交副大臣辞任

週刊『前進』04頁(3028号03面05)(2019/04/15)


2019年日誌 4月2日〜8日
 シナイ半島に自衛官派遣決定/「忖度」で塚田国交副大臣辞任


□政府は閣議で、エジプト・シナイ半島にある多国籍監視軍(MFO)の司令部要員として、自衛官2人の派遣を決めた(2日)
□東京地検特捜部は、保釈中の日産自動車前会長カルロス・ゴーンを会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕した(4日)
□韓国で新たに、元徴用工4人と遺族27人の計31人が、日本製鉄(旧新日鉄住金)など4社を相手に損害賠償を求める訴訟をソウル中央地裁に起こした(4日)
□石井啓一国土交通相は、沖縄県による名護市辺野古の埋め立て承認撤回を「違法」として取り消す裁決を下した。県は裁決を不服として行政訴訟を検討している(5日)
□「下関北九州道路」事業の調査で、安倍首相、麻生副総理の意向を「忖度(そんたく)した」と発言した塚田一郎国土交通副大臣が辞任した(5日)
□大阪府知事と大阪市長のダブル選で「都構想」を掲げる大阪維新の会が勝利。知事選で吉村洋文(前大阪市長)が、市長選で松井一郎(前大阪府知事)が初当選した(7日)
□80万人以上が犠牲になったアフリカ・ルワンダの虐殺開始から25年、首都キガリで追悼式が開かれた(7日)
□岩屋毅防衛相は宮古島を訪れ、住民に隠して陸上自衛隊駐屯地に中距離多目的誘導弾などを保管していたことについて、「説明が不十分だった」などと陳謝した(7日)
□経団連は中西宏明会長(日立)の主導でエネルギー政策の新提言を発表し、原発の運転期間について、今の最長60年より延ばすことを求めた(8日)