週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

2019年日誌 4月9日〜15日 新1万円札の肖像画は渋沢栄一/全国港湾が48時間スト

週刊『前進』04頁(3030号03面04)(2019/04/22)


2019年日誌 4月9日〜15日
 新1万円札の肖像画は渋沢栄一/全国港湾が48時間スト


□政府は2024年度上期をめどに紙幣のデザインを一新すると発表した。1万円札の肖像画は渋沢栄一になる(9日)
□航空自衛隊三沢基地(青森県)所属の戦闘機F35Aが太平洋に墜落した(9日)
□政府は東京電力福島第一原発事故で、放射線量の高い帰還困難区域を除いた福島県大熊町の避難指示を解除した(10日)
□欧州連合(EU)は臨時首脳会議で、英国のEU離脱期限を10月31日まで再延期することを決めた(10日)
□桜田義孝五輪相は岩手県出身の自民党衆院議員のパーティーで、議員の名前を挙げて「復興以上に大事」と発言し、事実上更迭された(10日)
□総務省は昨年10月1日現在の人口推計として、総人口は前年より約26万3千人減の1億2644万3千人と発表した(12日)
□スズキは検査不正が見つかったとする調査報告書を公表した。リコール(回収・無償修理)対象は約200万台の見通し(12日)
□沖縄県北谷(ちゃたん)町のアパートで日本人女性と米海兵隊員の遺体が見つかった。米兵が女性を刺殺した後、自殺した可能性が高い(13日)
□外国人労働者の受け入れ拡大に向け創設された在留資格「特定技能1号」の取得に必要な宿泊業の技能試験が全国7会場で行われた。フィリピン・マニラでは介護業の技能試験も実施された(14日)
□全国港湾労働組合連合会は賃上げなどを求めて48時間ストライキを貫徹。平日の24時間ストライキは22年ぶりとなる(14、15日)