週刊『三里塚』
[メニュー][トップ]

三芝百景 三里塚現地日誌 2018 11月6日(火)〜11月19日(月)

週刊『三里塚』02頁(1004号02面05)(2018/11/26)


三芝百景 三里塚現地日誌 2018
 11月6日(火)〜11月19日(月)


●成田空港の機能強化に関する環境影響評価準備書について、森田健作千葉県知事がNAAに環境保全措置を求める意見書を提出した。NAAは今回の意見をふまえた上で、来年春頃をめどに最終的な環境影響評価書をまとめるとしている。(7日)
●動労千葉訪韓団の一員として反対同盟婦人行動隊の宮本麻子さんが訪韓闘争に参加した。(9日〜13日=写真

●反対同盟と支援は千葉地裁で開かれた第3誘導路裁判を闘った。(9日=1面に記事)
●NAAは、2018年度上半期の中間決算を発表し、営業利益が民営化以降最高を更新したと発表した。店舗物販関係のリテール事業の増収が大きく、非航空系収入の割合は58%となった。(9日)
●成田空港とイスラエルのテルアビブ近郊のベングリオン国際空港を結ぶチャーター便を2019年にも就航させようと日本とイスラエルの両政府が協議を進めていることが分かった。(13日)
●反対同盟決戦本部と支援連は横芝光町へのビラまき情宣を行った。(14日)
●反対同盟と支援連は千葉地裁への早朝ビラまき情宣を行った。(15日)
●11・4東洋大学ビラまき弾圧で不当逮捕された2学生の勾留理由開示公判が開かれ、全学連行動隊が傍聴した。(15日)
●成田空港の物品納入に関する汚職事件で贈賄の罪に問われていた元会社役員の控訴審で控訴が棄却され、二審も有罪となった。(15日)
●東京・文京区民センターで「市東さんの農地取り上げに反対する会」が主催するシンポジウムが開かれた。(18日=1面に記事)
●千葉地裁民事第2部で耕作権裁判が開かれた。裁判に先立ち、反対同盟と支援の仲間110人は、千葉市内デモ、地裁を包囲する人間の鎖行動を行い、農地取り上げ強制執行を許さない要望書1026通を提出した。(19日=1面に記事)