週刊『三里塚』
[メニュー][トップ]

三芝百景 三里塚現地日誌 2018 11月20日(火)〜12月3日(月)

週刊『三里塚』02頁(1005号02面06)(2018/12/10)


三芝百景 三里塚現地日誌 2018
 11月20日(火)〜12月3日(月)


●首相官邸前で改憲阻止を訴える行動が行われ全学連行動隊が参加した。(21日)
●芝山町、多古町、横芝光町の3町議会議長は県庁とNAAを訪れ、地域振興策の早期実行を求める決議書と要望書を提出した。(22日)
●防衛省・統合幕僚監部はソマリア沖・アデン湾における海賊対処と称した行動支援隊の要員交代第1波の自衛隊を12月10日に成田空港から出国させると発表した。(22日)
●反対同盟と支援連絡会議は空港周辺一斉行動を行った。(25日)
●高松市内で開かれた星野文昭さん絶対解放全国集会に現闘と全学連行動隊が参加した。(25日)
●千葉地裁で新やぐら裁判が開かれた。(26日)
●支援連は成田駅頭街宣を行った。(28日)
●NAAは2020年夏ダイヤでの時間値72回達成に向け、高速離脱誘導路5本の供用を12月6日から開始するとし、A滑走路の運用時間の1時間延長の先行実施を19年冬ダイヤが望ましいと改めて明言した。(29日)
●第9次横田基地公害訴訟の一審判決が東京地裁立川支部で言い渡された。自衛隊機と米軍機の飛行差し止めは認めず、過去分に限り被害を認めた。反対同盟伊藤信晴さんと現闘が参加した。(30日)
●NAAは、第3滑走路建設と一体で、新たな旅客ターミナルを建設する方向で検討していることを明らかにした。あわせてA滑走路の夜間飛行時間延長に伴う、寝室窓二重化の申し込みが現在のところ874軒中62軒(7.1%)にとどまっているとした。(30日)
●成田空港に到着したジェットスター・ジャパン126便エアバスA320で主翼のフラップのスクリューとナットがなくなっていたことが判明し、滑走路を約10分閉鎖して調べたが発見できなかった。(2日)
●成田空港騒音対策地域連絡協議会の会合で、NAAはA滑走路の運用時間深夜延長を2019年冬ダイヤから始めたいと改めて主張した。また、国土交通省の担当者も早期延長の意向を示した。NAAは環境対策事業としてA滑走路騒音下の成田、芝山、山武、茨城県河内の5市町に、年間2千万円の特別加算金を交付するとした。(3日)