週刊『三里塚』
[メニュー][トップ]

三芝百景 三里塚現地日誌 2019 1月22日(火)〜2月4日(月)

週刊『三里塚』02頁(1009号02面06)(2019/02/11)


三芝百景 三里塚現地日誌 2019
 1月22日(火)〜2月4日(月)


●動労総連合が千葉県労働委員会による公益委員の忌避申し立て却下決定の取り消しを求めて起こした裁判の第1回口頭弁論が千葉地裁民事第3部(内野俊夫裁判長)で開かれた。裁判後の集会で反対同盟の太郎良陽一さんが連帯あいさつに立った。(22日)
●反対同盟と支援連の仲間は、横芝光町の住民に同盟ニュースの配布活動を行った。(23日)
●千葉地裁で団結街道裁判が開かれた。(25日)
●松下浩明山武市長は、A滑走路の運用時間延長前倒し案を容認する考えを明らかにした。(25日)
●成田空港はわずか数センチの降雪で除雪作業が間に合わないとして、滑走路の運用時間を2時間延長し、翌午前1時までとした。(26日)
●天神峰カフェが開かれた。(27日=1面に記事)
●「星野文昭さん今すぐ解放全国集会」が東京都墨田区で開かれ、反対同盟、現闘が参加した。(27日=1面に記事)
●改憲・戦争阻止!大行進運動が呼びかける国会開会日行動が闘われ、三里塚現闘、行動隊が参加した。(28日)
●いわき市から青年労働者2人が現地を訪れ、援農・街宣などに取り組んだ。(27日〜30日)
●佐藤晴彦横芝光町長が議会の全員協議会後に運用時間延長前倒しに合意すると発表した。(28日)
●支援連は京成成田駅頭街宣を行った。(30日)
●昨年12月29日の忘年会での酒が抜けないまま翌朝飲酒運転で出勤した成田国際空港警備隊の巡査が、書類送検され停職3カ月の懲戒処分。(31日)
●インド・デリー発の日本航空740便(ボーイング787)が着陸後、誘導路上でスリップし脱輪。A滑走路が計7時間封鎖された。49便が欠航、400便に遅れが出た。(2月1日)
●東京高裁第4民事部で請求異議裁判控訴審の審尋が開かれ、反対同盟顧問弁護団と市東孝雄さんが強制執行停止決定の継続を訴えた。(1日)
●反対同盟は、B滑走路の誘導路を「へ」の字に曲げる南台の畑に2枚の看板を設置した。(3日=1面に記事)
●芝山町役場で4者協議会が開かれ、A滑走路の運用時間の延長時期を今年10月末とすることが正式に確認された。(4日=1面に記事)