週刊『三里塚』
[メニュー][トップ]

三芝百景 三里塚現地日誌 2019 3月5日(火)〜3月18日(月)

週刊『三里塚』02頁(1012号02面08)(2019/03/25)


三芝百景 三里塚現地日誌 2019
 3月5日(火)〜3月18日(月)


●反対同盟と支援連はA滑走路の南北騒音下住民への情宣活動を行った。(6日)
●日本航空は2020年に中長距離国際線に参入する傘下のLCCの名称を「ZIPAIR TOKYO(ジップエア トーキョー)にすると発表した。(8日)
●東京電力本社と日本原電本社への抗議行動に反対同盟の太郎良陽一さんが参加した。(10日)
●騒特法防止地区、防止特別地区の設定を空港機能強化に伴い県が変更することについて、成田・下総・大栄の3地区を対象とする公聴会が成田国際文化会館で開かれた。空港南側の1市3町の公聴会は公述人の申し出がなく中止した。(11日)
●反原発福島行動19が福島県郡山市で開かれ700人が集まった。反対同盟から市東孝雄さん、伊藤信晴さん、宮本麻子さんが参加し、伊藤さんがあいさつした。(11日)
●騒音下住民らでつくる住民2団体が参議院会館を訪れ、国交省とNAAに空港機能強化策への質問と騒音による生活破壊の実態を訴えた。(12日=1面に記事)
●北海道大学の松井利仁教授の試算で、米軍嘉手納基地による騒音が原因で年間10人が死亡したと推計されることがわかった。(12日)
●決戦本部と支援連は市東さんの作業場の屋根の補修作業を行い、ペンキを塗り替えた。(13日)
●原発事故で千葉県に自主避難した6世帯19人が、国と東電に損害賠償を求めた集団訴訟判決で、千葉地裁・高瀬順久裁判長は国の賠償責任を認めなかった。(14日)
●動労千葉総決起集会が千葉市で開かれた。反対同盟の伊藤信晴さんが参加し、連帯あいさつを行った。(15日)
●救援連絡センター総会が墨田区で開かれた。反対同盟の萩原富夫さんが参加し、連帯あいさつを行った。(16日=写真)
●反対同盟と支援連は71回目の一斉行動を行った。正午からは天神峰カフェも開かれ、婦人行動隊の木内敦子さんが駆けつけた。(17日=1面に記事)