週刊『三里塚』
[メニュー][トップ]

三芝百景 三里塚現地日誌 2020 4月21日(火)〜5月4日(月)

週刊『三里塚』02頁(1039号02面05)(2020/05/11)


三芝百景 三里塚現地日誌 2020
 4月21日(火)〜5月4日(月)


●JR東日本は4月19〜20日の土日の成田エクスプレスの利用者は前年同期比99%減だったと発表。(21日)
●航空各社はゴールデンウィーク期間の予約人数が前年同期比で、国際線は97・3%減、国内線は88・7%減と発表。(22日)
●自衛隊が成田空港で行ってきた「2019新型肺炎」PCR検査後の帰国者をホテルに運ぶ業務を、今週末で終了し、民間業者に移管すると発表。(23日)
●NAAが第1ターミナルと第2ターミナルの展望デッキなどを閉鎖するとした。(23日)
●成田市が「2019新型肺炎」対策支援で14億7208万円の補正予算編成で、子育て世帯に1万円、市内の中小企業や個人事業者に一律30万円の補助と、市内の2病院にそれぞれ1億円を給付すると明らかにした。(23日)
●JR東日本は5月から成田エクスプレスの日中の運航をやめると発表した。(24日)
●成田空港検疫所の人手も電話回線も足りてないと報じられた。(25日)
●萩原さん宅で田植えが行われた。(26日)
●市東さん宅中庭で天神峰カフェが行われた。午前中には決戦本部と支援連が風で倒れた木の片づけなどを行った。続いて、市東さんの天神峰農地にある「星の木」の前に星野文昭さんを追悼モニュメントの設置作業が行われた。(26日)
●NAAが「2020年3月および2019年度空港運用状況」を発表した。(28日)
●田村NAA社長は4月1日〜25日までの成田空港運用状況について、出国旅客数は前年同期比(以下同じ)98・3%減となり、国際線発着回数は85・1%減だったと明らかにした。NAA自身の収入も約9割減で「最大の危機」と強調。他方で、機能強化については「分けて考えている。機能強化は中長期的に必要な施策であるため、計画に影響させることは考えていない」と強弁した。(28日)
●2020生きさせろ!メーデー実行委員会が呼びかける厚労省―官邸前行動に、現闘と行動隊が参加した。(5月1日)
●成田空港整備地区の労働者が「新型肺炎」に感染したことが確認された。(1日)
●市東さん宅で田植えが行われた。(4日)