週刊『三里塚』
[メニュー][トップ]

三芝百景 三里塚現地日誌 2020 5月19日(火)〜6月1日(月)

週刊『三里塚』02頁(1041号02面06)(2020/06/08)


三芝百景 三里塚現地日誌 2020
 5月19日(火)〜6月1日(月)


●タイ国際航空が経営破綻した。(19日)
●支援連は空港北部地域へのビラ入れ情宣を行った。(20日)
●観光局の発表によると4月の訪日外客数は前年同月比99・9%減の2900人。昨年最も多かった中国が200人。韓国、台湾、米国も各300人だった。月間の訪日客が1万人を下回るのは1964年の統計開始以来初。4月の出国日本人数は前年同月比99・8%減の3900人だった。(20日)
●航空労組連絡会(航空労連)が、新型肺炎の感染拡大防止策を厚労省に要請した。日本では客室乗務員は「濃厚接触者」として扱われず、地上業務員も防護服やフェイスガードの着用はなく、機内消毒も行っていない。(22日)
●反対同盟と支援連は市東さん宅周辺と開拓組合道路の草刈り、市東さん宅離れの屋根の掃除と補修を行った。(24日)
●NAAが成田市や芝山町で機能強化計画予定地の地権者の土地や境界を明確にする用地測量作業に着手したと報じられた。(25日)
●独航空大手ルフトハンザが政府から約1兆560億円の公的支援を受けると発表した。(25日)
●中南米最大手のLATAM(ラタム)航空が経営破綻。(26日)
●支援連は京成成田駅前で情宣活動を行った。(27日)
●日本航空が2021年度の採用を中断すると発表。(27日)
●NAAが「4月空港運用状況」を発表。総発着回数は前年同月比67%減の7283回だった。(28日)
●NAAの田村明比古社長が定例記者会見で「利用者が戻るまでには相当な時間がかかると想定している」としながらも、「機能強化はスケジュール通りに着実にやっていく」と述べた。さらに、航空会社への着陸料や停留料、施設使用の猶予、空港内店舗などの営業料の減免、猶予を発表。前回の支援策の100億円に加え総額約300億円になるとした。21年3月期の連結業績予想は公表せず、「赤字は数百億円規模」と述べた。(28日)
●成田空港に到着した9人が新型肺炎に感染していた。(28日)
●星野文昭さん逝去1周年の集いが東京で開かれ、現闘が発言した。(30日)