週2回月・木発行『前進』
[メニュー][トップ]

反対同盟 市東孝雄さんに聞く NAAの不正暴き農地守る7・9天神峰現地に結集を

週刊『前進』04頁(2851号04面02)(2017/06/12)


反対同盟 市東孝雄さんに聞く
 NAAの不正暴き農地守る7・9天神峰現地に結集を


 三里塚芝山連合空港反対同盟の市東孝雄さんに、農地を守り新たな裁判を闘う決意を伺った。(編集局)

 ----3月から請求異議裁判が始まりました。
 最高裁で私に「土地を明け渡せ」と命じる不当判決が確定しましたが、その執行を阻むために請求異議の訴えを起こし、裁判が始まりました。楽観はしていませんが、このような異例の裁判が開かれるのはNAA(成田空港会社)の違法・不正がひどいからです。彼らは上告棄却・判決確定ですべて終わらせようとした。請求異議裁判も簡単に却下されると高をくくっていたが、そうはいかない。
 ----耕作権裁判は06年にNAAの提訴で始まり、すでに10年が過ぎました。
 まだ一審。長い裁判になりました。どっちが長く持つかという持久戦です。最近、父・東市の脳梗塞になったあとの署名が見つかり、NAAの署名偽造がいよいよ明らかになっています。NAAの不正を徹底的に追及します。耕作権裁判には絶対に勝ちたい。
 ----NAAは市東さんに対し「事情を知って帰ってきて敷地内に住んでるから、騒音に堪えて当然」と暴言を並べています。
 絶対に認められない。うちはじいさんの代から100年ここで農業をしています。後から入ってきた空港が何を言うかと。「空港になるはずだった土地」と言うが、その計画も収用法に基づく事業認定が失効している。彼らはよそから来て地元のことを何も知らない。ふざけています。
 ----安倍農政についてどう見ていますか。
 安倍は「農業は大事」と口では言いながら、やってることは真逆。TPPを推進し、今はアメリカとの2国間協定を進め、農業への企業参入を加速し、日本の農家をつぶす方向です。
 今の大きな問題は後継者がいない、農家が生活できないこと。農業を取りまく条件は変わったが、新卒の初任給程度を息子に出せれば、継ぐ人は出てくるのに。農業は本来やりがいがある楽しいものですよ。悪戦苦闘して作物が実った時には大きな喜びがある。
 ----反対同盟は空港機能強化案に反対してますね。
 芝山町や多古町でも、反対の声が上がっています。特に芝山の住民にとっては、見返りの条件をもらってどうにかなる問題ではない。説明会もNAAの言い分を並べただけ。空港と町との「共存共栄」なんて、うそっぱちですよ。住民のことは何も考えず、造ってしまえばいい、反対するやつらが悪いと。そういう住民無視の結果が今の成田の衰退ですよ。
 ----今の安倍政権をどう見ておられますか。
 共謀罪を「一般の人には関係ない」と言って進めているが、成立したら締め付けが厳しくなって、私たちの集会・デモ、反対運動にも影響があるでしょう。絶対に認められない。加計、森友問題で居直ってのりきろうとしているが、悪事は隠せない。特に菅官房長官は本当にひどい。
 ----全国の労働者・学生、そして沖縄・福島のみなさんへメッセージを。
 労働者と農家というのは、置かれている条件も抱えているものもずいぶん違う。農家は土地さえあれば働けるが、その点今の労働者は大変ですよね。そんな中、多くの人たちが次々と援農や現地調査に来てくれている。自分の生活もある中、2〜3時間かけて天神峰に来るのは大変だと思う。それに応えるのは、私にとっては、この地で農業を続けることだと思っています。自分ひとりでは何もできないから、みなさんの支援をお願いしたい。
 基地に反対する沖縄の闘い、帰還強制と闘う福島。形は違うけど、国策のやり方は同じです。7・9に現地集会とデモ、交流会を行います。ぜひご参加ください。ともに闘いましょう。
 ----『前進』について、ご意見・感想があれば。
 楽しく読ませてもらってます。難しいところは飛ばして読んでますが(笑)。
 ----お忙しいところをありがとうございました。

------------------------------------------------------------
6・26耕作権裁判・デモ
 6月26日(月)午前9時
 千葉市中央公園集合 千葉市内デモ
 10時30分開廷 千葉地裁

7・9三里塚現地闘争&天神峰樫の木まつり
 7月9日(日)正午 市東さんの南台の畑に集合
 市東さん宅南の開拓組合道路までデモ