このエントリーをはてなブックマークに追加

    2024年4月15日発行 第3340号

  1. 巻頭論文 中国侵略戦争同盟粉砕を 4・28安保・沖縄闘争へ 岸田打倒の怒りのデモに立とう

  2. 反戦 日米戦争会談に怒り 渋谷デモ岸田訪米を弾劾

  3. 主張/理論 日米首脳会談を弾劾する 中国侵略戦争同盟へ大転換 今こそ安保・沖縄闘争の爆発を

  4. 投稿 焦点 自衛隊と靖国神社 隊員の〈戦死〉想定した思想攻撃

  5. 各戦線 戦時入管体制づくり許すな 国際的団結で改悪入管法粉砕へ

  6. 2024年4月 8日発行 第3339号

  7. 巻頭論文 日米首脳会談粉砕 中国侵略戦争同盟を許すな 4・9渋谷‒28沖縄デー闘争へ

  8. 三里塚 3・31三里塚 軍事空港化粉砕へ団結 第3滑走路・機能強化粉砕を

  9. お知らせ/新刊 闘争スケジュール

  10. 労働運動 郵政労働者が反戦デモ 〝この闘いを待っていた〟 闘う労組復権し戦争阻止を

  11. 労働運動 日教組奈良市が「春の嵐行動」 〝職場で倒れることも戦争で殺し合わされることも拒否します〟

  12. 世界の闘い 解雇撤回・正規職雇用を AGC株主総会 旭支会が来日し本社を弾劾

  13. 反戦 進む安保・軍事政策の大転換 戦闘機輸出を解禁自衛隊の権限強化

  14. 世界の闘い ガザ大虐殺支える米帝 イスラエルが病院で軍事作戦

  15. 反戦 沖縄・うるま市 ミサイル配備やめろ 勝連分屯地に実力抗議

  16. 反戦 京都 弾薬庫を増設するな 陸自祝園分屯地へデモ

  17. 反戦 2024年日誌 3月26日〜4月1日 次期戦闘機の輸出解禁/イスラエルで反政府デモが爆発

  18. 労働運動 地方自治法改悪許すな 自治体労働者先頭に国会闘争

  19. 投稿 団結ひろば 投稿コーナー

  20. 2024年4月 1日発行 第3338号

  21. 巻頭論文 日米戦争会談許すな 中国侵略戦争に突入する 日米共同作戦体制粉砕を 4・9渋谷デモへ

  22. 主張/理論 8・6暴処法弾圧に大反撃を

  23. お知らせ/新刊 闘争スケジュール

  24. 労働運動 動労千葉が48時間スト貫徹 戦時国家体制と対決し反戦春闘

  25. 労働運動 動労西日本 芸備線廃止するな 新見で集会、協議会に抗議行動

  26. 労働運動 動労総連合水戸が初のスト ワンマン運転・業務融合化絶対反対 水戸運輸区に抗議し市内デモ

  27. 労働運動 動労連帯高崎 〝ゴミ列車〟走らせるのか! 清掃労働者がスト

  28. 労働運動 米坂線の復旧を ダイヤ改定反対 新潟駅前で街頭宣伝

  29. 労働運動 反戦掲げ更生病院でスト 委員長の雇い止め許さない 米軍相模補給廠へデモに立つ

  30. 労働運動 ライドシェア反対 雇用関係否定の攻撃と対決 都内で学習討論集会

  31. 主張/理論 反戦の怒りで戦争国会包囲を 国家総動員の反動法案許すな

  32. 労働運動 私たちは戦争動員を拒否する 医療・介護・福祉労働者が反戦集会

  33. 反戦 2024年日誌 3月12日~25日 日銀がマイナス金利解除を決定/モスクワで銃乱射事件

  34. 反戦 自衛隊が「市街地行進」訓練 区役所との有事連携を確認

  35. 三里塚 三里塚耕作権裁判 今後も農業を続ける 市東孝雄さんが証言台で決意

  36. 反戦 陸自訓練場建設に怒り爆発 沖縄県うるま市 白紙撤回求め地元住民が決起

  37. 反戦 トマホーク配備阻め 大行進横須賀が緊急デモ



    2024年4月 8日発行 第1133号

  1. 集会/闘争/街宣 南台農地死守の決意新たに 第3滑走路粉砕、機能強化許すな 芝山現地闘争に労農学345人が結集



    2020年8月 1日発行 第号

  1. おしらせ Vol.59 被爆75年 8月広島・長崎へ


『共産主義者』最新号紹介

384cc71d2d74a7e69b9a0ea1dbbe85c9ceb74b8b.jpg

【内容紹介】
▼11月19日、東京・日比谷野外音楽堂で全国労働者総決起集会/改憲・戦争阻止!1万人大行進が開催され、2800人が結集しました。ウクライナ戦争が継続・激化し、イスラエルによるパレスチナ人民大虐殺が強行され、米日帝国主義の中国侵略戦争が迫るなか、韓国・民主労総ソウル地域本部やアメリカの国際港湾倉庫労組(ILWU)第10支部、ドイツの鉄道労働者ネットワーク、そして在日ビルマ市民労働組合などを迎えた本集会は、国際連帯で戦争阻止を訴える大きな闘争になりました。集会は「韓日労働者共同声明2023」を確認し、「パレスチナ連帯決議」を採択、各国で戦争阻止の闘いに立つと誓い合いました。集会後、東京駅に向かうデモには途中から200人以上が合流し、「ガザ大虐殺をやめろ」「岸田打倒」の怒りの叫びをとどろかせ、沿道の熱い共感に迎えられました。
▼パレスチナ人民の闘いは、米帝=イスラエルの侵略・虐殺にたいする積りに積もった怒りの爆発であり、民族解放・革命戦争への決起です。『共産主義者218号』のメインテーマはパレスチナ問題です。

【共産主義者218号 もくじ】
(1)ガザ大虐殺ゆるすな! パレスチナ解放へ闘おう
帝国主義の侵略・支配を打ち破る不屈の闘い
村雨省吾

(2)米帝・イスラエルのパレスチナ侵略戦争について
『清水丈夫選集』第5巻 序文より
革共同議長 清水丈夫

(3)米・日の全経済構造の破滅的危機
戦争の根源をなす米帝大没落と日帝の「最弱の環」化
島崎光晴

(4)原発推進・核武装の岸田を倒せ
反戦反核闘争の大爆発で世界戦争・核戦争阻止へ!
河東耕二

(5)戦争・暴力・革命の論理
「民衆暴力」論をめぐって
柏木俊秋

(6)アメリカ革命の現実性 第6回(最終回)
新たな世界戦争の始まりを世界革命へ
民主・共和の二大政党制突破への胎動
村上和幸

出版案内/最新出版本の紹介

20190201a.jpg『前進』のバックナンバーは、『前進縮刷版』として書籍・紙で第1巻から第21巻まで発行されてきましたが(1978~1981年=14~17巻は未完)、そのうち1巻・2巻・5巻・6巻・9巻は絶版になっています。第1巻(『前進』創刊号~164号 1959~1963年)は、『前進デジタル縮刷版』第1巻としてすでによみがえっていますが(2007年6月刊)、このたび『前進デジタル縮刷版』第2巻の刊行によって、絶版を含む2~7巻について読めるようになりました。
今回(デジタル縮刷版第2巻)では、
■紙で刊行されている『前進縮刷版』の第2巻から第7巻(1964年~1971年の6冊・8年分)をまとめてデジタル化
■付録として本多延嘉同志の貴重な学習講演の音声データ(本多著作選7巻掲載の「レーニン主義党組織論」の元講演)を一枚のDVDに収録しました。

『前進縮刷版』は、各号を一つのPDFデータとし、各号の発行年月日をしおり にしました。各巻ごとに一冊の本のページをめくるように見ることができ、またパソコンの画面で簡単に拡大したり、印刷することができます。紙媒体では文字が小さくて読みにくかったので、紙媒体より大きく改善されました。
また、論文・記事・著者などの検索を速やかにおこなえるように第2~第7巻通しの索引(=目次)のページを作成しました。それを使って、探している論文・記事などが掲載されている号数を特定することができます。

※『前進』デジタル縮刷第2巻は、『前進』紙面の画像データの提供をおこなうものであり、記事のテキスト化はおこなっていません。

本多同志の音声データは、当時の学習会の雰囲気が生き生きと伝わってくる内容となっています。音声データは6つのパートに分かれています。この講演をもとに本多著作選第7巻に掲載された『レーニン主義党組織論』(PDF)、および講演レジュメ(PDFとテキスト)も合わせて付録としました。

定価は3000円+税。

amazonでも購入いただけます。

20190201c.jpg

このページの上部へ

前進チャンネル

サイト内検索

Twitter

archives

すべての記事一覧