このエントリーをはてなブックマークに追加

    2018年5月24日発行 第2942号

  1. 主張/理論 JR乗務員勤務制度の改悪許すな 強労働、減員、賃下げ阻止を 安倍「働き方改革」・改憲粉砕へ 三里塚請求異議裁判へ

  2. 世界の闘い ハンサンギュン民主労総前委員長の釈放かちとる

  3. 労働運動 「働き方改革」は粉砕できる 韓国に続き現場から闘いを

  4. 学生運動 京大 立て看撤去に反撃 キャンパスで闘いが高揚

  5. お知らせ/新刊 闘争スケジュール

  6. 反戦 「自衛」の名で数千万人殺害 戦慄の記録 アジア・太平洋戦争

  7. 世界の闘い アメリカで教員スト拡大 低賃金と公教育破壊に〝NO〟

  8. 弾圧との闘い 四国新聞と朝日大阪本社版 「星野」全面広告に大反響 「感動した」「カンパ送った」

  9. 主張/理論 知る・考える 用語解説 高度プロフェッショナル制度―8時間労働制を解体する過労死促進法

  10. 2018年5月21日発行 第2941号

  11. 反戦 青年・学生先頭に沖縄闘争 基地撤去・非正規職撤廃へ団結 全島ゼネストで朝鮮戦争とめよう 中川いくこさん大健闘 泉佐野市議選で次点=記事2面

  12. 巻頭論文 米帝トランプとイスラエルのパレスチナ人民大虐殺許すな 改憲・戦争の安倍打倒を

  13. お知らせ/新刊 闘争スケジュール

  14. 選挙/議会 泉佐野を改憲阻止の大拠点に 981票を力に安倍打倒へ新たな出発

  15. 労働運動 国鉄解雇撤回闘争は新段階に 動労千葉物販に協力を

  16. 労働運動 動労総連合出向無効確認訴訟 外注化粉砕へ重大局面 証人尋問拒む裁判官を忌避

  17. 労働運動 自治労中央委に向け訴える 自治労は改憲阻止の先頭に 会計年度職員攻撃粉砕が焦点

  18. お知らせ/新刊 紹介 序局第18号  安倍政権を倒す時は今

  19. 反戦 5・15沖縄闘争うちぬく 陣形拡大しゼネストへ IJBS労組支援総会 労働者の力を信じ

  20. 反戦 沖縄大で集会とデモ 自治会役員選挙勝利へ決意

  21. 世界の闘い 学生が鉄道ストに連帯 仏全土で大学占拠闘争が爆発

  22. 反戦 2018年日誌 5月8日~14日 米、イラン核合意離脱/米大使館移転に抗議、ガザで死者58人

  23. 三里塚 5・24請求異議裁判・デモへ 7月結審阻み市東さんの農地守れ

  24. 三里塚 墨塗り証拠の開示を勧告 耕作権裁判 NAAの偽造を追及

  25. 弾圧との闘い 三里塚現闘A同志を不当逮捕

  26. 弾圧との闘い 意見広告に1千万円カンパを 星野さん解放6・3高松集会へ

  27. 投稿 団結ひろば 投稿コーナー

  28. マルクス主義 第18期 党学校で 第18期党学校が4月に閉講した。全10回にわたって熱のこもった講義と活発な討論が行われた。受講生の感想を紹介します。(編集局)

  29. 2018年5月17日発行 第2940号

  30. 弾圧との闘い 投獄43年は国家犯罪だ!無実の星野文昭さんを今こそとり戻そう! 6・3星野さん解放高松集会へ 泉佐野・沖縄の高揚引き継ぎ、「改憲阻止!大行進」を全国に 星野暁子さんに聞く

  31. 弾圧との闘い 意見広告1千万カンパを

  32. 弾圧との闘い 那覇・高松で絵画展

  33. 弾圧との闘い 「獄壁を越えて」24号

  34. 反戦 沖縄 「基地撤去」訴え国際通りデモ

  35. お知らせ/新刊 闘争スケジュール

  36. 弾圧との闘い 「星野さん解放」は全民衆の声だ 高松 四国更生保護委に申し入れ 思いつまった要望書を提出

  37. 弾圧との闘い 高崎経済大学の同窓生から



    2018年5月14日発行 第0991号

  1. 集会/闘争/街宣 市東さんの農地を絶対に守る 第3滑走路造らせない 同盟・支援が60回目の一斉行動



    2018年6月 1日発行 第号

  1. おしらせ Vol.33 特集 シリア戦争 米ロ激突の理由


『共産主義者』最新号紹介

前進社出版部は、5月1日付で『共産主義者』196号を発売します。

AMAZONで予約を開始しましたので紹介いたします。

●天皇制と東京五輪の正体暴き、改憲阻止決戦爆発を

20180418b.jpg 安倍政権の改憲・戦争策動の危機が絶望的に深まるなか、天皇制と東京五輪との対決は、2020年に向かって決定的な局面を迎えます。今号は、それとの対決を軸とした特集号となっています。
 水樹豊さんによる「天皇制打倒論の今日的復権のために」は、これまでの天皇制攻撃にたいする革共同(中核派)の闘いと理論の蓄積をふまえて、天皇制打倒論を今日的にとらえ直した力作。とても、わかりやすく圧倒的な説得力があります。とくに若い仲間にぜひ学習してほしいイチオシの一本です。

相馬修さんによる東京オリンピック批判論文は、オリンピックが戦争と密接にからんでいるものであること、そして近年ますます金権腐敗を深めてきたことを暴き出しています。20年東京五輪が福島圧殺の攻撃であることも鋭角的に突き出しています。 
 矢剣智さんによる「JR総連崩壊情勢をどうとらえるか」は、このかんの東労組の雪崩的崩壊をカクマル「組織現実論」の破産として明確にし、階級的労働運動にとって絶好のチャンスが到来していることを明らかにしています。
 巻頭論文は、世界大恐慌の現段階を明らかにし、日本帝国主義の戦後発展をとらえ返してその危機の深さを突き出しつつ、私たちの時代認識を研ぎ澄ましていくための小論です。
 以下、そのほかの論文について少しずつ紹介します。
 「『自衛隊』明記は9条破壊だ」論文:「戦争する国」への大転換を許さないために、改憲阻止の大運動を全国津々浦々で巻き起こすことを提起しています。
 「1千万人と結合する革命的選挙闘争の前進へ」論文:レーニンはどのような意味で革命的労働者党が選挙に取り組むことを重要だと考えたのか――その問題が原典にもとづいて明らかにされます。
 「国家権力の治安弾圧うち破る強固な非合法・非公然体制を」論文:戦争を阻止し、ゼネスト・革命を実現するためには、どんな弾圧にも負けない党をつくることが絶対に必要であると提起しています。
 「改憲阻止―日帝打倒に突き進む大衆的学生運動の登場を」論文:06年法大闘争以来の闘いをふまえ、京大での激突を軸に改憲阻止―革命へ向けた学生運動論を深めています。革命運動と学生自治会運動を一体的に発展させよう。 
 粒ぞろいの本号をぜひ活用してください。

20180418a.gif

出版案内/最新出版本の紹介

中核派の日本共産党批判への注目が高まっているので、過去の重要な著作4点を、さらにデジタル前進縮刷版第一巻を新たにAMAZONで購入できるようにしました。

AMAZONでの表示で在庫がない状態でも、注文すれば納入しますので積極的な活用をお願いします。

20180304a.jpg20180304d.jpg

20180304b.jpg20180304c.jpg

20180304e.jpg

このページの上部へ

前進チャンネル

国際労働運動VOL.33(2018.6)

ilm1806.jpg

シリア戦争 米ロ激突の理由

出版最前線発行・A5判500円
▼hontoネットストアで購入→

『共産主義者』196号

ist0196.jpg
▼Amazon.co.jpで購入

マル学同機関誌『中核』

c2_2.jpg

『「革命家マルクス」の復権』 本体1000円+税

Amazon.co.jpで購入

スケジュール案内

Twitter

サイト内検索

archives

すべての記事一覧